2010年12月18日

やる夫で学ぶ柳生一族 その42 前編

<<その41 | まとめ | 後編>>

555 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:02:18.59 ID:nH3Avt.0
 このスレは、「柳生新陰流」を担った剣豪の一族「柳生一族」を
史実をベースとしつつ、適当にエピソードを盛り込んでいく形で紹介するスレです。

【今回のメイン柳生 : 柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)
             柳生十兵衛三厳(やぎゅう じゅうべえ みつよし)】

   / ̄ ̄\
  / ノ  \ \
 |  .(●)(●)  |        大和柳生藩初代藩主にして柳生家の当主、
. |  (__人__)  |        そして徳川将軍家剣術指南役、柳生但馬守宗矩だろ。
  |    `⌒´  |    ) ;;;;).  常識的に考えて…。
.  |        |    .) ;;;;)
.  ヽ       }   /;;/
   ヽ     ノ   .l;;,´
. /    ∩ ノ)━・'
 (  \ /|_ノ ヽ
. \  ""  /_ノ  |
   \ /___/

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /    柳生家の嫡男、柳生十兵衛三厳だお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ / 
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ




556 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:02:33.90 ID:fGtxH0so
よっしゃー!

558 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:03:25.05 ID:22BqOXk0
お久しぶりのメイン十兵衛!

559 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:04:26.33 ID:fGtxH0so
本当、逼塞してから長かったよなぁ・・・ww

562 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:05:38.62 ID:nH3Avt.0
【寛永十四年(1637)時の柳生一族系譜】

  大膳長永
     :
  <柳生家>
     :
    ├─────┐
  柳生永珍   中坊源専
     :
    ├─────┐
    家厳      重厳
    |    (七郎左衛門)
    |     (松吟庵)
    ├───────────────────────────────────────────┐
    宗厳                                                              .妹
  (新左衛門)                         .【江戸柳生】                             |
   (石舟斎)                        .(大和柳生藩)                          <幸徳井家>
    ├───┬───┬────┬───────┐                                |
    厳勝   久斎   徳斎     宗章          宗矩                               友景
  (新次郎)             (五郎右衛門).     (又右衛門)                              .|
    |                            (但馬守)                                |
    |   【尾張柳生】                   |                                  |
    ├────┬────┬────┐        ├─────┬─────┬─────┐       .|
    純厳    利厳.     妹     厳倚      三厳       友矩      宗冬      .六丸    友種
   (久三郎)  (兵庫助).         (権右衛門)   .(十兵衛)    .(左門)     .(主膳)
           |                   (幼名:七郎) .(刑部少輔) (幼名:又十郎)
           |
           ├─────┬────┐  
          .清厳      利方     .新六 
        .(新左衛門)  .(茂左衛門)

563 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:07:18.11 ID:nH3Avt.0
【第1部(その1~11)のあらすじ】
 時は戦国、乱世の時代。
大和国柳生庄の領主、柳生新左衛門宗厳は、上泉伊勢守秀綱創始の新陰流の正統を継ぎ、
後に名を石舟斎とあらため、その剣名を天下に上げた。
しかし、長男新次郎厳勝の不具廃嫡、豊臣家による所領の没収、
新次郎の長男、久三郎純厳の死など、柳生家に辛く重い苦難が襲い掛かる。
だが、徳川家康の招きに応じ、「無刀取り」を以って家康に指南を請われた際、
末子・又右衛門宗矩を推挙したことで、再び柳生家にも光が差す。
その後、関が原の戦にて徳川家に味方したことにより、柳生家は旧領を回復、
更に家康が幕府を開いたことで、宗矩が将軍家剣術指南役となり、
柳生家、そして柳生家の新陰流…「柳生新陰流」は、一気に繁栄の路を進む。
そして、柳生家の家督を宗矩に、新陰流の正統を兵庫助に継がせた石舟斎は、
慶長六年(1611)、78年の生涯に幕を閉じたのであった…。

【第2部前編(その12~24)のあらすじ】
 石舟斎の死後、宗矩は正式に家督を継ぎ、新たなる柳生家の当主となった。
またその翌年、柳生庄にて宗矩に待望の嫡男・七郎…後の柳生十兵衛三厳が誕生する。
そして、大坂の陣による豊臣家の滅亡、一代の英傑・徳川家康の死を以って、
戦国の世は完全に終りを告げ、新たな時代「江戸時代」が始まる。
その新しき世において、柳生家は将軍家指南役となった宗矩の「江戸柳生」、
尾張徳川家指南役となった兵庫助の「尾張柳生」の二家に分かれ、
宗矩は「坂崎事件」を解決するなど、剣術指南の枠を超えた才を発揮し、柳生家を発展させ、
兵庫助は新たな時代の剣、「直立たる身」の工夫を編み出し、新陰流を発展させる。
その後、時は寛永・三代将軍家光の世に移り、尾張においては後の柳生連也斎厳包こと新六が誕生、
江戸においては十兵衛が小姓を致仕するなどがあったが、その末に、遂に宗矩が諸大夫成を遂げる。
「柳生但馬守宗矩」がここに誕生したのである。

【第2部後編(その25~41)のあらすじ】
 晴れて但馬守となった宗矩だが、知己の禅僧・沢庵が紫衣事件で罪に問われ、
また自身も主君家光より難題を出されるなど、次々と苦難が立ちふさがる。
だが、寛永九年(1632)、大御所・秀忠の逝去によって赦免された沢庵より
「剣禅一致」を説いた「不動智神妙録」を受けた宗矩は、
真の大将の剣、『活人剣・治国平天下の剣』を確立することに成功、
これを家光に教授し、信任を確かなものにする。
その後、六千石への加増、「惣目付」への就任を経て、
寛永十三年(1636)八月、四千石加増により所領一万石に達し、
大和柳生藩を立藩、遂に大名となり、諸侯の列に並んだのである。

 そして、自流派・柳生新陰流の隆盛、宗矩の親友である沢庵和尚の江戸入り、
新しい子である六丸の誕生など、まさに繁栄の絶頂に達していた江戸柳生家に、
今、一人の男が帰ってきたのであった…。

564 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:08:10.89 ID:nH3Avt.0
 

      _/\/\/\/|_
       \          /
       <  復ッ活ッ! >
       /          \
         ̄|/\/\/\/ ̄




                                        _/\/\/\/|_
                                        \          /
                                        <  復ッ活ッ! >
                                        /          \
                                          ̄|/\/\/\/ ̄




 

565 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:09:02.39 ID:nH3Avt.0
                       ,;:'";;;;;;;;;;//ノ j;;;;;;;;;レ 彡;;;;;;`ヽ、      ...        /\     /|  /゙i
                      ,r'";lヽiヽ ft ノ / //;;;/ノ 彡彡;;;;;ヽ.      .\ \、_ハノ  ヽ、|/ |ノ   (,ハ_、//
                     ,f"ミミヾ、l;;;;;|/;;;゙リ ノ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三;;;;`i,     ..  \)'                    '(
                     /;;;;rー-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ノ;:r‐'"  ,r''`ヽ;;;;三;;;i     .  /                     \
                   ,i';;;f"  `i゙`ー、;;;;;;;;,.ィ/   /   `t;;;;ミミ;;t、   ...ヽ,)     柳生十兵衛復活ッッ!    (,,r'
                    l;;;;j    ヽ `^''" /   ノ     ゞミミミ;;)     /      .柳生十兵衛復活ッッ!     \
                   l;;ノ/`ヽ、`!、 》    ,r'   ノ^=、. ヾ,ミ;;;;l ,__  ...ヽ      柳生十兵衛復活ッッ!     ,r'
                  f`レ""~ヽ、ヽ〉〉 ハ i l / ,r' /,::'"~゛゙ヽ `i;;;y,,.,ヽ  _)     柳生十兵衛復活ッッ!    (_
                  f,〉l   ,...、ヽ`ゝノ ヽl レ' /ィ"ィ_,,..,、    l/人 .l  .,)       柳生十兵衛復活ッッッ!!  (,
                  lt.ti  ,;ィ==、ヽ(  tj  ,j,/,;:=‐‐- 、,. ,,. l/ヽ),j   /-、                      、-\
                  ゝ、l ゝ、 ● ) \ l  ,ノ  ( ●  ノ'='" レ/ノ  ...  /ヘ '"                   ヘ
                   `i  >ー‐'′ 〉- /   `ー‐="     j'"/   .../  //7/ヘ /l ト、 |\、 /\ /\゙i
                    t ,.ィ'"~´   ( ヽi   ー--=、`ヽ  ノ、j"          /   V | ,l ヽ|   V   ゙i
     ,j              `i、     _,.」  ,レ-、     ``ー,.イ |
     ( __、、,.          ,.l゙iヽ ,r‐='"( (´ .)_ノ   ー‐ヲ / l  t
  ,,.==ニー彡三ミヾ、        (;;l l`i`i、 ,.==、ゝ、,,ノ,,.-‐=-、_,, / / ,j  i
   ,..、ヾ;;;;;;;;;ミミ;;t-三ミ、   _f";;;;] t ヽi, i、(`ヽ、゙ニ,",ィ'",j+〈 / //  ,ノ   〉、
    ,.tミ彡;;;;;;;;;;;;;三;;;;;;ヽ.__f;;;;;;;;j i  ヽ、.i fニi`ー-ニ-‐''"~ fニj'  / ,ノ   ,ノノ::i、
     `ーミ三彡'''''"゙t;;;;;;;;;;;;;;;;彡f``t、 ~゙i ,t ゝ、_j_,,..,r'' ノ  イ'"   ,ノノ::::::ヽ
       )      ``ー-‐"_」:::::::ヽヽ、__t ヒ`ゝ、.,___,.,. ィ"/ /  ,.ィ"ィ::::::::::::)、.,___
            ,,.. ィ '"´ ̄l:::::::::::::``ー-ゝ``ー- = -‐ ''" ノ,,..;:-=" "´::::::::::::::ノ:::::::::::``=ー-=、
        ,,..;::=''"::::::::::::::::::::::::t、::::::::::::::::::::ゝ、__    __,,.ィ"ー''"~::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::`` =ー-=、
     -= '"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::  ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ー

566 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:09:37.49 ID:fGtxH0so
あんたかっ!ww

567 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:09:46.07 ID:nH3Avt.0
 寛永十四年(1637)五月、長らく柳生庄に蟄居謹慎していた柳生家の嫡男、
柳生十兵衛三厳は、十一年ぶりに江戸に戻ってきた。
時に十兵衛、31歳。

                    _____
                  /        \
                 /___, -一ァ     _\
           __,-‐¬  ̄---┘'7    /    \
          -‐ ''"   / '´_ /,ィ`ヽ  //´  `ヽ  \     十一年も経つと、
     /      __   ,イ|  ⌒ l    l ⌒   )   \   流石に色々変わってるもんだお。
   _/     -'     / ̄ )`  _ノ   ヽ_  _ノ    |
  ,r '       ,-、____ , イ⌒' (    i    )'⌒"'    |    でもこの活気…江戸に戻ってきた実感が湧いてきたお!
 /      ノ '    \      `ー ─'^ー 一'      /
      /        \        ー一       /
              /                \


      / ̄ ̄\
    / u.   ノ \
    /      ( ○)ヽ
   .|       (__人_)   (なんだ今の?明人?)
   .|  u     .`⌒ノ
   ヽ         ./
   /   ヽ     ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /
    柳生主膳宗冬
(やぎゅう しゅぜん むねふゆ)

568 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:11:08.37 ID:nH3Avt.0

     / ̄ ̄\        (…気のせいだ。うん、気のせいにきまってる)
   /    _ノ ヽ      
   /    (●)(●)      というか兄上。
  .|  u.   (__人__)     .近々戻るとは伺っておりましたが、
  .|       |r┬| |     供はどうされたのですか?
  ヽ      `ー'./     
  / ヽ       ノ      . まさか柳生家の嫡男ともあろうお方が、
  /        く       .お一人で来られたなどと…?


             ____
           /      \
          / ─    ─ \      流石にそれはねーお。
        /   (●)  (●)  \    ただ、つい懐かしくなってあちこち歩いてたら
        |      (__人__)     |    .いつの間にか十兵衛一人だけになってたんだお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ     まさかここでお前に逢うとは思わなかったお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

569 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:12:06.68 ID:nH3Avt.0
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \      まったく、主人とはぐれるとか、近頃の小者は軟弱で困るお。
 /  (●)  (●)  \    後でまた鍛え直さないといかんお。
 |      (__人__)    |
 \      `⌒´    /


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \      …もっとも、最近は用人全体の質も落ちたみたいだお。
  /(●)三(●))   .\   主家の嫡男すらわからないようなのがいるようじゃ、
  |   (__人__)      |   話にならんお。
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   | u   /\    |      も、申し訳ござりません。
   ヽ   / ̄\  /     何卒ご容赦を…。
 ,,.....イ.\       / 
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、   
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
     山中忠兵衛
  (やまなか ちゅうべえ)

571 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:13:55.45 ID:fGtxH0so
まぁ、どう考えても柳生の血筋だよねww

570 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:13:22.51 ID:nH3Avt.0
          ____
        /      \
       / ─   ─   \      ま、久々の江戸ということで勘弁してやるお。
      /( ●)  ( ●)    \    又十郎、父上は御在宅かお?
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `


    / ̄ ̄\
  /  ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .|    (__人__) |    今の時間だと、まだ御城ですね。
 .|      `⌒´  |   左門兄も和尚も同じくです。
 ヽ         /
 / ヽ       ノヽ
/           ヾ

572 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:13:59.94 ID:22BqOXk0
随分えらくなったな(この間まで)穀潰しww

573 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:14:46.62 ID:nH3Avt.0
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     わかったお。
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    では、一足先に中で待たせてもらうとするお。
    |    (⌒)|r┬-|     |    又十郎、案内するお!
    ,┌、-、!.~〈 `ー´    ._/    .この虎ノ門の屋敷は初めてだし、楽しみだお!
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


    / ̄ ̄\
  /   _ノ ヽ_\
  /   (-) (-)ヽ    いやその兄上、
 .|    (__人__) |    私これから稽古に参加しようかと。
 .| u.    `⌒´  |
. ヽ       nl^l^l    あと、今の私は又十郎ではなく、
  / ヽ      |   ノ   主膳と名乗っておりますので…。
. /        ヽ く

574 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:16:02.29 ID:nH3Avt.0
       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\      稽古なんか、この兄がいくらでもつけてやるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    十一年経って、少しはまともな腕になったかどうか、
  |    mj |ー'´      |    .たっぷりと検分してやるお!又十郎!
  \  〈__ノ      /   
    ノ  ノ


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ
   /:::::::::  (○)(○)
  .|::::::u:::   (__人__)     (えー!?
  .|:::::::::::::   |r┬| |      しかもまた又十郎って言ったー!)
  ヽ::::u:::::::   `ー'./
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)

575 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:16:33.53 ID:fGtxH0so
うわうぜぇww

576 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:17:11.36 ID:nH3Avt.0
         ____
       /⌒  ⌒\
     /( ●)  (●)\        主膳なんて大層な名前で呼んでほしければ、
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \/⌒)  この兄を腕前で納得させてみるがいいお!
    |     |r┬-|     | ノ
  __\     `ー'´    //     さ、行くお!又十郎!
(⌒               |_,,,ノ
 ""''''''ヽ_         |
      |           |
      |         |
      i      ̄\ ./
      \_     |/
       _ノ \___)
      (    _/
       |_ノ''


      / ̄ ̄\
    /       \
    /  u.       ヽ
   .|    _ノ   ヽ_ |     わ、わかりました。
   |    (-) (-) |    では、ひとまず道場の方へ…。
   ヽ    (__人__) / 
   /   ヽ  ` ⌒´ノヽ
  ./ /   ∩ノ ⊃|  |     
  (  \ / _ノ |  |  
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

577 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:19:02.42 ID:nH3Avt.0
 …そして

    ,ゝ                      / /      `'''ー ..,、     .`'-、     '!、.ヽ      ,!
  .,..ノ                      / ./       ____`--..,,.     ゙''-、¬―ヽ ヽ .,,,_、  .i|_
、 /                    _..ィ  ./ ,i彡―''''''二二 ---―¬ ̄ .`''-..、    ゙゙ゞミ" .l, ヽ.- ...二¬ヽ ,..、
.‘      /|       ._..-'"  .`" / ,i'――"´                   `'ー..、   `'-.l  ヽ    .゛ ¨ ー |ュ′
      ./ .|   ._..-'"゛ ._..i-‐―/ ./                         ゙''-、.    l  ヽ     .lx.
      /  .゙‐''''" _.. -'''"  .!  ./ ./                               `'-、.  l  l,. 、   .!ヽ
     ./   ._. -'"゛     i! / /.!                                 `'‐ l  . l .`'-、, │ヽ
.   /   ,./            !レ゙ /  |                                 l  . l   .`''″ヽ
..l   /  ./             ゙i ̄"   `"''て                                  !  .l      ゙
 ! ./  /             「"       │  バシッ!                       !  .l\.
  l./ /              /            l                                  |.   l ,゙x、
  l ./              /          l、                                 !   .l.-'"ヽ
  ..l、             `\、       /                                _.. ‐',゙. l   l,  ..l
   ヽ            l.ヽ____/                          _..-''',゙ / '´  .|   .l   .l,
r    ヽ           l   ヽ                            _..-''',゙ -'".、  ,  ,!    l
.「'、   ヽ           ヽ.  \                        _..-''',゙ -'"   _/`゙''". l  .l゙    l
/ ヽ,   ヽ           `'、、 \                _..-'"_..-'"     .'ヽ,    .ゝ l     l
   ヽ   \           \  . \               ,..-'"_..-'"          l  . _,,.〉/     │
    \ .,, .,\            ヽ、   \      ._..-'"゙., /                l/  ./      ,ィ tー
    .,,、゙ / ゙゙.\,゙_ο          \,   ゙''-、, .'"゛.,..-'´            ドカッ! ./      !  l
    .l゙ ´       て               \    `'-..,゙                     ,..-'´     i、 ! /
    l         ヽ.,ビシッ!       \     `''- ,,,               _..-'´       ,.i!゙.ゝ.l
   .ヽ           /'"\            ,/ノミ,゙        `''ー 、、    ._..-'"            ,i'l′  .!_,
    .l_、     l .、   \      ., '' /    `''-..、        `゙._,, ‐'″          /       ヽ
      `'-_..--"´  .\   `'-,  ._//        `''ー、、  . _..-'"゛  .,,イ            /
               `-、  `' _ ‐゛               _..-'"´     /  l,       .,ノ゙,,,、
              |  .`'、、  . \         .,,, -''″   ,,   /    .\___. v   . ´゙―――-

578 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:21:00.03 ID:nH3Avt.0
       ____
     / \ / \
    / (⌒) (⌒) \     ふむ…打たれて泣かなくなっただけ
  /    (__人__)    \   昔よりはマシになったみたいだお。
  |      `⌒´      |   ま、お前も外聞があるだろうから、外では主膳と呼んでやるお、又十郎。
  \             / 
   /           .ヽ
    | ,         , ヽ
    | |         | ゝ丿\
   し.|         .|.   \\ 
    .|    /´ヽ   .|    \\ 
     .!___ノ    ヽ_丿     \\
                      ̄


         ., -──‐-、   
          /       ゚\   (…や、やはり強い…)
       ./ ;  ゜      \ 
      l  U    ; ;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ヽ、_
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u. ;   | ー        \
.       ! u. _ノ′ヽ、__  ∪.|         ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  (--)::。  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

579 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:21:50.39 ID:fGtxH0so
まぁ、十兵衛と宗冬じゃなぁww

581 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:23:22.75 ID:FOkVrj2o
これで巻けたら十兵衛立場ないしねww

582 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:23:32.05 ID:6FfpR.Yo
そりゃ引きこもって剣術三昧の十兵衛と
政務のフォローも手伝ってた又十郎じゃ差が出るわww

580 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:22:46.09 ID:nH3Avt.0
     |┃        ____
 ガラッ. |┃      /      \
     |┃  ノ.  /   /   \  ヽ    
     |┃三   |    /\  u |     じゅ、十兵衛様。
     |┃     ヽ   / ̄\  /    供の者達が先ほど着いたようで…。
     |┃   ,,.....イ.\       /
     |┃三 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
     |┃三    |  \/゙(__)\,|  i |


           ____
         /       \ ´_
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'    お、やっと着いたかお。
      |         (__人__)  |   それじゃ、今日はこの辺にしておくお。
      \        ` ⌒´ /   
      /       ー‐  '

583 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:24:15.95 ID:nH3Avt.0
          ____
        /\   /\
      /( ●)  (●) \         又十郎!
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      明日から毎日鍛えてやるから、
     |     |r┬-|     |      .気張るといいお!
     \      `ー'´     (⌒)
      >          ノ ~.レ-r┐、   では、また後でだお!
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
      |          ̄`ー┬--‐‐´


     / ̄ ̄\
   /:::::::  /( ;:;:;)
   /::::::::: ((;:;:;:;)(●))
  .|::::::u:::   (__人__)    は、はい。
  .|:::::::::::::   `⌒|||   よろしくお願いします…。
  ヽ::::u::::::: メ   /
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く

584 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:25:20.15 ID:nH3Avt.0

<ガラガラ…ピシャッ

               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               |   /  \ .u |
               |    /\    |     しゅ、主膳様。
.           r─一'´ ̄`<ヽ/ ̄ ̄\  /    ご無事ですか?
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´


     / ̄ ̄\
   /:::::::  /( ;:;:;)
   /::::::::: ((●)(●))
  .|::::::u:::   (__人__)    まあ…なんとかな。
  .|:::::::::::::   `⌒|||   やれやれ、やはり兄上は大した強さだよ…。
  ヽ::::u::::::: メ   /   十一年経って、差が縮まるどころか、ますます開いた気がする。
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く

585 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:27:08.29 ID:nH3Avt.0
   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|  u.   /ヽ    |    しかし…随分と乱暴なお方のようですな。
|      / ̄丶   .|   供の者達も随分と怖がっていたようですし。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     …これは私も覚悟しておくべきでしょうか。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /:::::::  /( ;:;:;)
   /:::::::::  (⌒)(●))
  .|::::::u:::   (__人__)    まあ、私が十一歳の時に江戸を退かれた方だからな。
  .|:::::::::::::   `⌒|||    お前が知らぬのは無理もない。
  ヽ::::u::::::: メ   /   
  /::ヽ:::::::::::    ノ     後で取り直しておくから気にし過ぎるな。
  /::::       く

586 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:28:58.08 ID:nH3Avt.0

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /    /   \   丶
   │     /\     .|    ありがとうございます。
   |    / ̄ ̄\ u.  |   とはいえ、これからどうなるのでしょうね…。
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ 
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


    / ̄ ̄\
  /   _ノ ( ;:;:;)
  /   (-) (-)ヽ     確かになぁ。兄上が復帰となれば、
 .|    (__人__) |     色々騒がしくなりそうだな…。
 .| u.    `⌒|´  |    
. ヽ  メ    .nl^l^l    父上はどうされるのであろうか…?
  / ヽ      |   ノ  
. /        ヽ く

589 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:34:17.18 ID:E9UQ8B20
定収も無く十一年間親に寄生しておいてこの言い草、ただの〇チガイじゃね~かww。

587 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:31:45.63 ID:nH3Avt.0

 そしてその夜…。

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

588 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:33:09.37 ID:nH3Avt.0

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。     父上、十兵衛ただいま戻りましたお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j    長らく蟄居の身となった過去の己の愚行を恥じるばかりですお。
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/
. |    (__人__)  l;;,´   …一応、反省はしておったようじゃな。
  |     `∩_ノ)━・'   
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

590 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:34:30.98 ID:nH3Avt.0
               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ      勿論ですお!
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ    柳生家の嫡男として、
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |    二度とこのようなことのないように致しますお!
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /      なにせ柳生家は諸侯の列に並ぶ家になったわけで、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /      それも全て父上の御功績あってのこと。
  |     |r┬-|       |       その跡を継ぐものとして、恥を晒さぬように心がける所存ですお!
  \     ` ー'´     /
  /          \         家祖大膳長永以来、
 /             \        これ程までに柳生の家名を高らしめたのは
/  /\           ヽ       父上の他におられませんお!
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /   _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |     (●)(●)  /;;/    世辞は良い。
. |     (__人__)  l;;,´    して、この十一年、どのようにしておった。
  |     `∩_ノ)━・'     代官よりの報告はあったが、お前自身の口で話してみよ。
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/

591 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:35:58.00 ID:6FfpR.Yo
お世辞でもなんでもなくそのとおりだからな
まあ石舟斎が豪族としてダメすぎたってのもあるが

592 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:35:59.29 ID:nH3Avt.0

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人    まず、とうとう齢三十を数え、
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´   見事、「魔法の柳生剣士 マジカル☆十兵衛」となりましたお!
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \


   / ̄ ̄\   
  /   _ノヽ_\  
 |     (○)(○) 
. |     (__人__)  
  |     `∩_ノ)━・
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 |\     /_|  |
 | \ /  _/


 寛永十四年五月の時点で、おそらくまだ十兵衛は独身であった。

594 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:38:17.56 ID:jrLL4aIo
何言ってんだ、この白饅頭w

595 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:38:50.63 ID:lNeeFNo0
魔法戦士wwwwwwwwwwwwwwwwww

597 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:40:52.01 ID:wKmflm60
そーいや左門も縁談とか話しないのかね?
2000石だよね?

593 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:38:15.89 ID:nH3Avt.0
      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *  
     /   ⌒(__人__)⌒ .\      でも、十兵衛は全然平気なんですお!
  + 。|      |r┬-|    |  + 。 何故ならば…!
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'

596 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:39:45.53 ID:nH3Avt.0
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとは嫁取りしたいんだお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも謹慎の身じゃどこの家も相手してくれないお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /

 
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから二次元に走るお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

598 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:41:16.50 ID:FOkVrj2o
お前は今、泣いていい

599 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:41:24.21 ID:nH3Avt.0

               …お前、それでいいのか?
        / ̄ ̄\ 
      /       \      ____
      |::::::       |   /      \
.      |:::::::::::  u.  |  /  ⌒  ⌒  \     
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \    全然平気ですお。二次元最高!
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |   だって三次元とか息するんですお?
.       ヽ::::::::::::::    } \     `⌒´    _/   
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

600 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:41:47.46 ID:TOj3r9Eo
この長男全然家督上信用できねえー。

601 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:42:10.07 ID:6FfpR.Yo
というか若い嫁連れ込んで子作りとかしてる暇あったら息子に嫁くらい世話しろよww

603 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:42:52.94 ID:nH3Avt.0
                    ◯                 _____
                   //           ____/       \_________
                   // |\_____/  ´ ̄`   、            /
                  // │.      // ____ \\          /
                  // │     ./ , . : ´: : : : : : : : :` : . 、 \        (
                 //  │   / /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\. \       )
                 //  │  / ./ : : : : ,:|--八 : : : : 八--|、: : ヽ  \     /
                //   │ く  / : : : /:∧/   \/   Vハ:\: : : :,  冫  ./
                //   /  \| : : : : : /,x≠ミ、        |: : : : : i/  /
               //   /    |/\: : :〃 んハ     _  | : :,:イヽ:|   ./
               //   /       {ヽ从 弋:り  ,  ´ ̄`ヾイ }:!    │
              //   /        .!ヽ|:.    ____   |: |.ノ:|    ./
              //  /.        .| : |: i:、  {      }  ,|: |: : :,   /
             // /          | : |: |: :`ト . _ . イ |: |: : : :,  (
             //<            十兵衛は侵略されました___\
            //  \__            ______/        ̄
            //       \________/
           //
  (( (ヽ三/)  / (ヽ三/) ))
      (((i )_/__ ( i)))
     / /⌒  ⌒\ \      昨今は魔法剣士もいいじゃなイカ!
     ( /( ○)  (○)\ )     と思えるようになりましたゲソ!
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
     |     .|r┬-|      .|     はははは は は は は は は 
     \     `ー'U     /


        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 l
  │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|
  │           :;:;:;:           │ 
  │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳│    (こ、ここまで悪化しておったとは、
  │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │    この但馬、一生の不覚!
  │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │    まさか助九郎のセリフをわしが言う羽目になるとは…!)
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;::::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;    l
  │  .;:::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;     |

604 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:44:38.72 ID:nH3Avt.0
                        ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
       `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.
                        ´ /    (ダメだこいつ…早く何とかしないと…。
           /            `)     わしの目の届かぬところで勝手なことをしては厄介と、
           f        丿   ヽ/      手を打ったのが結果的に仇になったか…!)
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′
          ''-二ニ -=  `'`ソ /
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
                 \
                   \
                     \

605 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:45:17.27 ID:E9UQ8B20
講談や映画で脳筋の豪傑として持てはやされただけで、
柳生家にとってはホントは生まれてこなければよかった人、
それが柳生三厳。

608 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:48:09.04 ID:Vlh0NDw0
問題は子作り休暇をした家臣を厳罰にするガチホモ上司(阿部さん)をどうするかだな。
左門は論外、十兵衛は謹慎、主善は上2人のどちらかが子作りしない限りは無理だし・・・

606 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:46:25.81 ID:nH3Avt.0

   と、とにかく、
  それ以外のこと…そうそう!
  例えば、新陰流の研究の方は /.⌒ヽ
  どうであったのじゃ?      /    ..\
                   ../      ヽ. \
        / ̄ ̄\      (./       .ヽ. )
      /       \     /         l"
      |::::::        |  .ノ           l
     . |:::::::::::      |   |  ─    ─   .::|    あー、そっちですかお。
       |::::::::::::::u.   | . | (●)  (●) .:::::|   では、順を追ってお話しますお。
     .  |::::::::::::::    }   |  (__人__)  ..:::::::|    
     .  ヽ::::::::::::::    }   ヽ.._ ` ⌒´     _,ノ
        ヽ::::::::::  ノ    |          \
        /:::::::::::: く     | |        |  |
-―――――|:::::::::::::::: \――┴┴――――-┴┴――

607 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:47:41.32 ID:nH3Avt.0
=柳生庄=

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
  ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v

 『基本、他にすることもないので、
  屋敷に残っていた伝書を調べたり、柳生庄に残っていたお爺様の弟子達に尋ねたりして、
  伊勢守様以来の新陰流について調べていましたお』

609 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:48:44.52 ID:nH3Avt.0
  ,_rz_、   r 、n      r、       ,_,、 _,、   ===ヘrァ_,、   ==ヘ!)クZ
  r== ===   =ニミ | |_,、     ! l     | 三l」三 |   /ーヘ/ラT |   l´=「ニ ニ.l
  |.|=半=|.|  ===i r‐′   / ハヽ    | |「三 |.| |  /イ「||l^ニ」」   └7.Lニ.ニ」
  |.| =ll=」.|      |_|     ∠/  ヽ>   |_|l_三_|」_|   Lニ!Lニワ   ⊂/==u=ヘ
                                 /|
                                ,/ /
                               / /
                             /  /
            ,、、,      ,r"゙' 、      /    |
           ,';;;;ッY-、    ',ッ'"``゙''、 /     |
           コッ",、- 、ヽ    { ,r'" ゙̄y'"         |
           } l;;;;;;;;;;Y}    `゙Y;;;;;/  、       |
           ゙t,|;;;;;;;;;;;;;`゙ヽ   ,{/ _  `ヽ     |
        ,,、 -ー― ー--=ニ、;;'_,,、-',、-≦, 从、`ヽ _,,ィ j
    ,,、-''´            l、i、-ー'ー" ̄:::::`´:::゙、`  ̄ / /
ー=ニ,,,, _            、,}ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ   /-'、
       `' 、     / ,ヽ|:::::::::::::::::::::::::ッ、、::::::::ノ  ,'/ ヽ,
         `' 、,  | ,/./`l::::::::::::::::::::::::| )::::::::ノ  ,'    l
            ゙' y'  |o、}::::::::::::ノ从l|゙、,,,,,ヽ:::ヽ: / ,,、-   )     十兵衛様!
            ,r'''ー-y' ミ ヽ:::::::l|⌒彡、 ミ' ,イ:j´/ / _,,,、 ',    これが私が石舟斎様より受け継いだ
            |   / `'ー-'ー{゙、ー- '"l`゙'´ :|// Z :::|゙、  、,}    新陰の奥義でございますぞ!
            ',  `''''''' ー- 、`''゙、   |  ノ/ '"  :::| ゙、  )
            ',     ,、 ''"`''ー`゙' 、, /,、-'"'ー'ッ :| ゙, }
             ヽ l      ユ" ̄ミ`´l´,、-ー 、 "-|. ',/
              `゙'、{   ≧'" /´ f"~ヽ__  ヽ. |  ',
                ' ,  、ノ /  フ ( 〕__>  | |.   l
                   ヽ Y.  |  ,ヨ  ィ'l |  __|ヽ/ /    l
                   `゙ラ ', ア イ 'l |,,| `' ー''     |
                   イ、 .ヽ フ {|  'l |,,|          |
                    "゙ヽノア,,,ヽ、 'l |,ヽ          |
                         ´"ヽ'l | \       |
                             'ヒ三ニ`' 、     j
                                  `' ー - '
                  石舟斎の弟子(自称)


          / ̄ ̄ ̄\
  .    / ─  ─  \    3つ数える前に消え失せろお。
      | (●)  (●)  |   さもなくば、しあるのみ。
       \  (_人_)  /
          /     ヽ、     その南斗って時点で 糸冬 了 だお。
       / i.    ヽ | 
∠ニニニニし|       .ソ:::::::
  .       |  r- 、  /:::::::::::::::::
  .      し´::::::::し′::::::::::::::::::::::::::

 『まあ…お爺様の弟子達といっても、腕前もバラバラ、
  言うことにしてもまちまちだったので、調べるには手間がかかりましたお』

612 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:52:58.22 ID:wKmflm60
結構強そうなのにww>人間砲弾

610 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:52:05.28 ID:nH3Avt.0

         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |    ………………。
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/ _i________i | 
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.        / ̄ ̄ ̄\
.       / ─    ─ \  
    . /  (●)  (●) ヽ       お爺様は何を考えて
   .   |    (__人__)    |      こんなものを伝書の棚の奥に隠してたんだお…。
.   .   \    `⌒´  __,/
    .   /            \     
     .|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
    _(,,)/      Y     ヽ (,,)_
 .. /. | l   o   l   o   l. |  \
 /    | ヽ、__ ,人_ __ ,ノ |   \


 『お爺様の残された伝書も、ひとつひとつ、父上の教えと比較して、
  検証を進めていましたので、これも手間がかかりましたお』

611 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 21:52:24.36 ID:6FfpR.Yo
というかおめーの前世だろww

613 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:54:28.40 ID:nH3Avt.0

      / ̄\   
     .| ^o^ |    わか。
      \_/   えどから てがみが とどきましたよ。
      _| |_
     |     |
    柳生庄代官

       ____
      /     ⌒ ´_        _
     /      (●)\       .//  
   /         (__人_)    .//    んー?
   |            `⌒´|    //     どんな内容だお?
   \             /  .//      
    (⌒ヽ、       ィヽ.//
    l \  \     i //
    |  \  \  /, イ 
    |    \ , '⌒く/ /  
    l      ゝ、ニ≠ソ
     |     `´  ̄ |
     |    ,ィ'    |
      |    | ヽ   ,l
     |    ,|ノ   /

 『とはいえ、柳生庄の管理は、全て代官がやっていたので、
  ずっと新陰の修行と研究に専念できたのは有難かったですお』

 『江戸の情報も、そちらに連絡が来ていたので、概ねのところはわかっていますお』

615 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 21:56:36.61 ID:nH3Avt.0

 日々、新陰流の修行と研究に励む十兵衛のところに手紙が届きました…


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /   殿が大名に     /  /   /
     /     なりました   /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

616 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:00:02.82 ID:nH3Avt.0
        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\       マジかお…。
   /:::::::::: ( ○)三(○)\     剣術指南役から、とうとう大名に立身とか、
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    いくら父上とはいえ、パネェにも程があるお…。
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/     こんな話、今まで聞いたことないお。
   ノ::::::::::u        \  
. /::::::::::::::::     u         しかし…ということは、
 |::::::::::::: l  u              .この十兵衛もいずれは大名ということかお?
 ヽ:::::::  -一ー_~、⌒)
  ヽ::::::::___,ノγ


      / ̄\   
     .| ^o^ |    わか
      \_/   .「はいちゃく」ということばを ごぞんじですか
      _| |_  
     |     |


 なお、足利義輝や北畠具教、または松浦静山のように、「将軍や大名が剣士になった」例や、
名人越後こと富田重政のように「所領は1万石を越えているが陪臣」の例はあるが、
「剣士が大名になった」のは、日本の歴史上、宗矩ただ一人である。

619 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:04:06.05 ID:wKmflm60
まぁ剣士が剣力を評価されて大名になったわけではなく
剣士が政治力、観察力、忠誠心等を評価されて大名になったわけだがww

617 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:01:39.20 ID:jrLL4aIo
代官きついなw

618 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:02:02.22 ID:nH3Avt.0
                _ --― - 、
             _,__'´    \     `ヽ、
            (´  ,)  (´ ̄ `)     ヽ
            / ̄     ̄ ̄||i  u.  i    は、ははは、はいちゃく?
             ,' l、_人  ノ  u      l   はいちゃくって、もしかして廃嫡のことかお?
              i    l .l  ̄  ,    u   l
             ヽ  l l    /       /    じょ、冗談キツいお…。
             `.l、_ノ__        /
                  `l        `、
                  /       ヽ、
              __/     _/    `ヽ、
                `ヽ、_/l  <_/     l
                      l              l
                   ヽ、        /
                     `l   _,-   /
                        l   /  /
                      / ./ヽ、〈
                      ̄    `

      / ̄\  
     .| ^o^ |    ぎょうぶさまは うえさまのおぼえめでたく
      \_/   いずれは ここうのしんに という うわさですね
      _| |_  
     |     |   ひきこもりのちゃくなんとか だれもおぼえてなかったりして

620 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:04:47.09 ID:nH3Avt.0
              , -―ー- 、
            /ノ  ヽ、_  ヽ て
           '==   ===   、 そ
          ' =    ==   l     ひ、ひひ、ひきこもりちゃうわ!
            {  〈_,ィ、_,ノ   u.  }    そ…そうだお!俗事を離れて、家業に専念してるんだお!
          、.  レ'_,ノ     .. ノ    .これも家を継ぐために必要なことなんだお!
           >        <、
          / ー―- .、   r 、 ヽ、   ホラ、お爺様も、兵庫助様もそうだったし!
           `ー―- 、_ノ   l  \  \ 
           ,'           l   ヽ _,ノ
            l          |
          弋           イ
            | /ー ―一、 |
           し       、_,!


      / ̄\  
     .| ^o^ |   まあ そういうことに しておきましょうか
      \_/   みらいは だれにも わかりませんからね
      _| |_  
     |     |  

621 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:04:51.02 ID:FOkVrj2o
だwwwwwwいwwwwwwかwwwwwwんwwwwww

622 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:06:43.20 ID:nH3Avt.0

 そしてそれから更に後…


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /   お藤殿ご出産    /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

623 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:07:57.79 ID:nH3Avt.0
           i!i||!!
          i!i!:;:;!i!|
        !i!|i|!i   i|!i|!|i!
      i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,,
     i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|
    !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!
   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|     ギャー!
   i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i    せっかくNTRのトラウマを忘れかけてたのに、
  !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|   なんだってこんな追い撃ちがくるんだお!!
   !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i
 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!
 !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!
  i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!
  i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;  |          |  !i!


      / ̄\  
     .| ^o^ |    わか NTRというのは
      \_/   れんあいがなりたっているのが
      _| |_   .ぜんていですよ
     |     |

630 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:12:56.31 ID:DBBbSxAo
そうでもない、最近は一方が惚れていた場合でも主観的にNTRにいれられるww

624 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:09:56.92 ID:nH3Avt.0
         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ     おまけにこの歳で弟とかあんまりだお…!
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )    もしかして、父上の子ではなくて、
         ノ    ` ⌒''  ノ     誰か別の者の子ということはないのかお!?
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ


      / ̄\  
     .| ^o^ |    たねはどうあれ
      \_/    とののこ となったいじょう おとうとは おとうとですよ
      _| |_   
     |     |    めでたいですね

625 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:10:31.39 ID:MlnkAuco
代官がいちいちひでぇなwwww

626 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:10:54.35 ID:4kCRLQM0
ピンポイントで十兵衛の傷をえぐる代官

627 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:11:19.90 ID:jrLL4aIo
もうやめろ!代官w
十兵衛のLPは零だww

628 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:11:41.02 ID:E9UQ8B20
いいぞ代官!もっとやれ!!

629 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:11:50.54 ID:nH3Avt.0
        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|     というところで、
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|    唐突ながら解説、というか余談のコーナーだ。
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|     ここに出るのも久しぶりだね。
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|    くっくっく。
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

                             .            -‐   ̄ ̄ `丶、
                                       /           ヽ
                                         / / /〃/{ { ヽ `ヽ. ∧
                                      l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l
 まあ、それでも佐々木さんは3回目だもん。  ..        { {  レテく  ヽ\{ヽ\ ヾ│
メイン解説役の一人ね!               .          乂l f r'ハ     __ 7ハ\リ l
尤も、トップは私だけど(4回目)。            (⌒⌒)    .八,}弋ソ    ''⌒ソノ ) 八
                             ..  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\
 じゃあ、早速だけど、話をしちゃいましょう!         / rz-、_ ,>‐r<_∧!>、   \丶
お題は…「六丸誕生の俗説」についてよ!   ....    , -‐"  とノハ/  ヽ{>ロ<フ〈.  ヽ     \
                                  //  / / ヽ、__,/∨{   j><__〉\   丶.ヽ
                              .    {八 〃 ハ  { /{  / 大   , <   }ヽ  }  }
                                   )/ ヽ(. ヽ人{ >‐ヽ/ j \/  ∨} ノ  ヽjイノ
                                   "   ` ′ ヽ ヘ_,ん</__j_{_/ ((   ( "
                                            /  /  |  l
                                              /  /   .|  l
                                           /` V   l  .,′
                                           `ー'′   ├-/
                                                  ̄

631 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:13:44.93 ID:wKmflm60
佐々木さーん回数多いんだからサービスしてー

632 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:14:53.24 ID:nH3Avt.0
          ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
        /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
         .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
      /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
      .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
      !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l       へえ…六丸には出生について俗説なんてのがあるのかい?
     .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l      正直、初耳だね。
     .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!
    ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
   /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l
.   {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!
   ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
             ‐、/|     ノ' }
.       /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.       /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ

                                                    ____
                                           ,. ‐''"´        ` ー- 、
                                        /                \   \
                                          ,イ            \   \::: : \
                                        /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
 まあ、正確に言えば、史料上にはなくて、  .....           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
小説なんかで扱われることの多いネタなんだけどね。     i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
                                      |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
 「宗矩の末子・六丸は、                         | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
  実は宗矩の実子ではなかった」       ....          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |
                                      ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |
 という話ね。                   ......      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ∥:: :::::/ト、ハ|
例えば、山岡荘八「柳生宗矩」では、               {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
六丸の本当の親は宗冬だし、                 ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐
荒山徹「十兵衛両断(剣法正宗遡源)」では、  ..        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
実は友矩の子だった、という展開だったりするわ。       ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|
                                    ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
 要は年齢差があり過ぎるのと、         .       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
宗矩が高齢だから、というところから      .....      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `
こういう想像が出たということよ。         ..     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
                                 / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧
                                 ,i :: :: :: :: :: :: :\ \  く/,' ハ ト、\ ` | |:: :: }:::::::.:.:.ヘ

633 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:16:13.31 ID:nH3Avt.0
                                               .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
                                               l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
 でね、ここでわざわざこのネタを上げたのには理由があって…        l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
実を言えば、今、名前の上がらなかった人だって、          ......    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
可能性だけなら本当の父親であると言えなくもないのよねー。         .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
                                             .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
 実際、お藤さんって柳生庄出身なんだけど、                 (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
宗矩の妾になったことと、六丸を産んだこと以外は          ......   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
どうしていたかわからないのよね。                     .    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
                                              | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
 そう、実は彼女が柳生庄にしばらくいたとすれば…          .    . ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
彼女と接触できる柳生家の人間が一人出てくるのよ。              ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
ずーっと柳生庄に篭ってた人とか、ね。                    ./ '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
                                           |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ

              /                      ヽ
           , '                         ',
.          /                  ',
         //     /   ./         ハ
.        //     l:   ,'        /         l        なるほど。
                ハ   !       /   |        |       故郷に蟄居中で、正室のいない嫡男に、
        | |    _l」⊥.、|    -‐‐,イ‐- ...,,|             いつの間にか息子が産まれたので、
        |       !.! ヽ/l       //    .|       /       .扱いに困って弟ということに…ということか。
           ',    .{イ示ヽ',   ./ ィfテミメ、 !     /
          ', ヽ  .ハ ヤ:::} ヽ/   rテ:::::} 》ノ   /}      /    とはいえ、庶長子なんて珍しくもないし、
.        l  \/ ヽ ゞ''      弋zシ/ _./! ,'         そもそも妾として抱えられたお藤が、
.        |       八  ヽ         ̄l   レ'     |    宗矩の手元に居ないのは変だから、
                 ヽ   、 _.       ,'   .,'        |    .あくまでifとしてだけ見るのが妥当だね。
        /         \ / r/ヽ     /   ハ ,'
.        厶イ八 ハ   ハハ /-‐´ イ≦ ´ /   / V  /l .ハ ',    「そういうことね。
            ,ヽ! .\, イ   ^ ‐---- 、 イノ/   ヽ/ j/ ヾ、    ”十兵衛が六丸の本当の親”っていうお話、
         |  ヽ, ´       ^ヽ‐--r >       ヽ        .探せば案外ありそうなんだけど、ね」
            |   ヽ,         \./ /         ヽ
           |    ヽー────‐、 ∨}      _,,,... -‐ 、

634 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:17:58.53 ID:nH3Avt.0
 後日…

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      というわけで、やはり嫁は二次元に限る!と
     /    (__人__)   \    改めて確信した所存なんだお!
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


     いや、その考えはおかしい。

      ノソ,ィ,ィ,'ノハ)、ヾ゙!                ,. -一ー- 、    
     リソ{゙" '"'´   `})j               / <@`ヽ、 \  
      ゞイニ,ニ`=='ニ,+k=ュ            _,'-一──==、  ゙i      し、子孫繁栄は
      (i` ̄´, .` ̄j{{{.ェ`!         __ rjミ/==''─゙=='Tz / ,ヘ   家を継ぐ者として当然の義務なんだな。
      `ト  .::Y::. イ'ヾ゙! |            r、ヽ|!6 <●〉 〈●> 9i / /、  
       ヽ -=- /  }/ヾ.        く ヾ !ィヽ ""ィ、.,ヽ""u !// / '>
           }、 ,.{  〈 /ヽi        ヽr'/ /') lu `i⌒i´  ノ///`〉
      _r./\`´/!、_ i  ゝ       ,ィ'j' j イv|、  ゙=''  /ヽ._!/コ
   _イ「i /∧  X  / jヾ!  丶     /ヽl   jー `==´ , -‐-、`ヾ、
  ,ィ´ |! //  `' ! `´   ゙|   ヽ   zヾ. ノ  r'     r==:、ゝ゚-゚ν  .i
 .| ヽ |//    i゜  _iユ_ |    !  / ./  !     (´ヮ`/7uu !.|ソ i
 i|,  、|'/    i。 r=、_ 。 l,``   i /-ァ'   /      ccソ ∧∧ i |   i
 !リ  !,i  ノ  i ノ〃/ァ、゛ i     | i /    /          リ゚ヮ゚) ヾ    |
/ヾ  /|'"´  ィヾヽ_/ ◎〃、  ,イ. |  ry、./           cuu  ヽ. _j
  ヽ、)ィ一"´} !._ノiト、ュ゚/〃  ̄ i !ヽ,ィ |/':.                .:i'´|
/ ̄     ト/ fr──'‐'───゙ー''┴|::...                ...::| |
      _/  i゜ i|              |              o O   i .|
、_ ィ‐i'´    !  |            |             Oo◎  ,! .|
 ,。/ /z      }゜ |             .|、               リ /   |
/ ソ゚ツ゚ゞ、 __ --- |              | f=、ー---        --_j'ヽ.  |
     近隣の豪族・縦              近隣の豪族・横
    (大和二次元党員)            (大和二次元党員)

635 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:18:30.92 ID:nv6xLR.o
お前らに言われたくねえwwwwwwww

636 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:18:56.78 ID:fGtxH0so
同じ二次元党員からも説教されてるのかよww

637 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:19:25.36 ID:nH3Avt.0
               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \     ・・・え゛?
    |  | |        (__人__)   |    お、お前ら、気でも狂ったのかお?
    |  | \       |r‐- l u./     普段あれだけ「ペロペロ(^ω^)」「イカ娘かわいい」とか言ってるくせに…!
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ


  i     i  i  i  i i i "'' ヾ ,,_彡彡彡彡彡彡
  i  i   i i i i ii  i | i      ヽ,,彡,"‐、彡彡
  i!  i   i i i i !i !ii_i__,.. -‐''"  ∨/´ヽヽ彡
   i  i   i i i/iノ ii ii l,.二ニ=-‐'´  / ゝ'//〃      我が同志!
   i i   i i k‐、、 iハパ))_,,. '  _N'   r'_,'〃      「それはそれ!これはこれ!」
    ヽiヽ iヽ.i i Y^Y 」_Y⌒ ,_,,/  __  /´ヽ{    
      ヽi   .y'´.ノ `ー '    ,ノ ` /   〉、      無論、二次元の娘こそ至高の嫁だが、
          / /` 、_,,.. -‐ ''/   /   ,'      まだ二次元に移動する術を持たぬ以上、
           / / \\ー‐‐/ /    ,'       子孫を得るには三次元の嫁を持つしかなかろう。
.         //⌒ヽ. ヽ ̄´ /\   ,'
           近隣の豪族・眼鏡
           (大和二次元党員) 

638 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:19:41.44 ID:22BqOXk0
二次元党も長男でやってるのは十兵衛だけかww

639 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:20:13.50 ID:wKmflm60
えぇー?wwwwww

640 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:20:36.32 ID:6FfpR.Yo
ここで二次元まで否定されたらそれこそ完全にぶっ壊れそうだが

641 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:20:48.02 ID:FOkVrj2o
佐々木さんヤッフー!
というか十兵衛、この状況下ではグレなかったほうだよね。

642 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:21:13.41 ID:nH3Avt.0
                                         _,、-,r-‐''''''''‐--.、
                                          ,r''',r"::'":::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
     二次元党は真の姿。                    ,r'":::,:::::::::::::::,r::::::::::::,:::::::::::::::::::ヽ.
    我らとて年中うつつを抜かすわけにはいかぬ。    i":::::i'::::::,l::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
    時には武家の当主として責任を果たさねばな。    i::、::::\,:i;:::/,r-l::l'~~゙l、::::::::::::::::::::::::ミ
                 ,.........,_  __             ゙т'゙l:,`ー'   ノ'   └、:::::::::::::::::::::ミ    その通りだね、我が同志。
               ,.r'"~~ヽ、::::ヾ、:::::ヽ、           ,l `     '"       ヽ.:::::::::::::::::ミ
            ,r''"::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,::::::::::ヽ、         |-、,_    _,,.、-‐''''''''ー ゙T:::,r‐ 、::,!   
           ノ''"~::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ::::::::::::::゙:,       ヾrッy  '"∠r'゚:ツ~r"   ,!:,!i'゙) )l
         r"::::::::-‐'"~~`:::::::::ヽ、::ヽ::::::ヽ,::::::::::::ヽ.      ,;l  ,!          ;'!iノ"ノ::i'
         l::,r:::::::::::::r'"~ヽ、:::ヽ::ヽ、::::::::゙;;::r'":::::::ソ      ;'', ,:'              l'l;r'゙,!i::::ト、
         l"::::::::::::::::::::-、:::::t---、、::::::ヽノ,:::::::::::、:゙:,       ;ヽ. ~゙`___,,,,,     /` ''ン',レ' \
         r":::::::::::___::::゙ヽr''      ゙ー,:r;.j:、t-、::::ヾ.       '  ゙ヽ. ー- ''    /   " /  /、
         t,::::/::::::::::::::ミ''       'ノ",!ノl| ゙:,::::,r'         ,/ヽ    _/     / /   ヽ
         l:::::::::,r‐ 、:ミ'"  ―‐-、、,__ ノ '__,,.!ノ        ,r",.、  `ー''i"、_  _,/ ,、r'''"~    ゙i,
         /::::::::l.ヽ,ゝ|,ミ,    ヾユニフ~`> ,r:j>i'         /'"  \ .  |   /,.r'"           l
        ,r'l:::::::::::::ヽ、,| ゙;:            i  |           /      \ |  ,r' ,:/              |
      / |:::::::::::::,|,,、゙' l'             t,.r' .          /         ゙i,|/'" ,!               |
     ,ri"   l:::::::::/,/'i’ ゙      __    -┬ '   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/         |
-‐'''""~|    ゙i,;!'ソ,ノ l' :, ヽ、     ̄ ̄ ,:'    /                      /          |
     |      ゙i、ヽ、 :i   ヽ.、     ,!,    /                      /           |
.     |       \ \ ゙i,     ヽ`ー,r--'゙i,\ /       大和二次元党      /            |
     l        \ \、     l゙i、゙i,  ゙i、/                      /l                |
      l         \\         /                      / l
          近隣の豪族・縦                       近隣の豪族・横
            (変身後)                           (変身後)

643 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:22:57.26 ID:nH3Avt.0
           /. :. :. :. :. :. : .: .: .:.、. :.: .: .:、、. :. :. :.: `ヽ:.:\
          j.: .: .: .: .: .:.. :. :.:::::::ト、. :. :.:.ミミヽ. :. :. :. :.ヽ. :.:i
         ,r'´.:.:.::::::::.:..,ィ"ヾミ彡彡ヽ. :. :.:ミミヽ .: .:. :. :.`ヽ.:ヽ
       ,〃.:.:.:.::::::::. .:/ }:!      ̄``ヾ`ヽ.:.}j. :.: .: .:. i.l..:.:ヽ.゙,
       l;!.:.:.:.::::::::.:.:./  リ      ,j! ィニニヽり.: .:⌒ヽノ从.:.:ヽ{
       リヾ.:.:::::::/./,,,,... `ヽ イ ,.ィ==== 、 ヽ .: .: .:. :. :. :. :. 〉     そういうわけだ、十兵衛殿。
         }.:.:./.:/7ヲ===、__,.イ::::::::::::::::::::::::}ミミヽ. :. :. :. :. ヽV     言っておくが、我らは全員嫁もいるし、
       _ノ.:.:./.:/.:}::::::::::::::::/⌒ヽ.:.:.::::::::::::::ノ  ト、j.:./⌒ヽ.:.:.l.:.ト、    子も儲けているぞ。
        `ヽ{.:.{.:!::::::::::::/    `¨¨キキ  _ノ. :.:.:.l ( ノ 〉.:l.:.lヽj
           ヽ{ヾ}::::,. イヽ  _ヽ    キ} ヽ. :. :.:.:.l ノ /.:.:.l.::l      当然のことだが。
            ___」           リ  ゝミミ.:ノ__ノ.:.:.:.:l/___
           `ヽ.:.:゙、    r---‐‐ 、     ´¨¨`〈.:.:.:l.:.:/.:.:.:.:.:`
             ).:.:.',   レ'´ ̄`ヽl       / `ヽ:l./.:.:.:.:.:.:.
          ,. イ.:.:.:.:.:゙、  レ'´   ノ       /   ノノノ.:.:.:.:.:.:.:.
         ,. '´. : : `ーヽ  `ー‐‐'     /   ノ  ̄L.:.:.:.:.:.:.
       ,. '´. : : : : : : : : : : \ `¨¨¨´   /  ,.  '´    l.:.:.:.:.:.
      /. : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ _,,,,,,,,,.. イ,.  '´        l.:.:.:.:.:.
      /. : : : : : : : : : : : : : : : :/ ___⊥_/             l.:.:.:.:.:
      /. : : : : : : : : : : : : : : //´                 l.:.:.:.:.:
                近隣の豪族・眼鏡
                   (変身後)

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\     なん・・・だと・・・?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  (お前らも変身するのかお…!)
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

644 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:24:01.00 ID:wKmflm60
裏切り者ーッ!

645 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:24:23.40 ID:4kCRLQM0
十兵衛が壊れても仕方ない。

646 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:25:42.42 ID:nH3Avt.0
                       ! |l!│!l│!l!│!l!l│
                    │!l│!l!│!l!l│
                ―‐  、   │!l!│!l!l│
                /      .:ヽ     │!l!l│
             l         .:.:.l         │
              ヘ     .:.:.:.:/          こっぴどく裏切られた気分だお…。
              \ .:.:.:.:.:.:.:く         でももういいお…十兵衛だけでも二次元道を貫いてやるんだお…。
              ィ´ .:.:.:.:.:.:.:.:|
            〈     .:.:.:.:.:.:.:.:|
               />、   .:.:.:.:.〈
                / !  l!    .:.:.:.:.l
           / {         .:.l
           ゝ‐'\____.:ノ
               :::::::::::::::::::::::::::..
                ::::::::::::::::::::::::::::..
                  ::::::::::::::::::::::::::...
                   ::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::

              |  |、
            _,..-j  ソ
      -=二フ ̄ ̄`  ´ー-._ __
     _,..=ニ-j   _,        ̄`三ニ=-
        ムこ´厶_/^Vレ'\j`ー、iー-、_っ
      //,    ̄``ー-! _∠...-―‐-!
      ji//  -‐て_j-、_   __,......__  |
     ハijフ   `ー--―  、´_ `ー'_  i,     
    i ijレ          '、~ ̄   i_`、    はっはっは。
   f^Vj、        .   j      i弋!   じゅうべえどの、そんなにショックだったか
   |_Li i`、       ̄`        ,i=/   
   キ=j_ノ   ./ ・… _・‥,   ∠_     まあ、なんなれば
    E三'´  , /-=ニ二__...二j !   /~     わしのむすめをよめにやってもよいぞ
    `、        ー    ;   ノ     
     `ー-、___,,__,_,__,_,.../
       ///i    / /\
      //,ヘ 川  / / / \
    ///  \ソi|、/ /  /   \
   ///     \|jv'  /     {
  j//       //` /      '、
  //        // /        `、
       近隣の豪族・落書
       (大和二次元党員) 

648 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:27:36.36 ID:nH3Avt.0
                   .__
      ┛┗___   .//
      ┓┏\i||i/\ .//
      /( ○) (○)//      うっせーお!
     /:::::⌒(__人__) // ヽ     左手で描いたような奴の娘なんかいらんお!
    .|     | ii|||||.//  |     それ以上言ったら、この十兵衛考案の柳生杖で打ち据えてやるお!!
     \     `ー"//   ノ
     (  i__ .i⌒L_丿
     `ヽ、    ⌒)
        ̄ ̄`"''"

              |  |、
            _,..-j  ソ
      -=二フ ̄ ̄`  ´ー-._ __
     _,..=ニ-j   _,        ̄`三ニ=-
        ムこ´厶_/^Vレ'\j`ー、iー-、_っ
      //,    ̄``ー-! _∠...-―‐-!
      ji//  -‐て_j-、_   __,......__  |
     ハijフ   `ー--―  、´_ `ー'_  i,   
    i ijレ          '、~ ̄   i_`、  
   f^Vj、        .   j      i弋!     おお、こわいこわい
   |_Li i`、       ̄`        ,i=/    では、だまるとするかな
   キ=j_ノ   ./ ・… _・‥,   ∠_
    E三'´  , /-=ニ二__...二j !   /~
    `、        ー    ;   ノ  
     `ー-、___,,__,_,__,_,.../
       ///i    / /\
      //,ヘ 川  / / / \
    ///  \ソi|、/ /  /   \
   ///     \|jv'  /     {
  j//       //` /      '、
  //        // /        `、

649 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:29:14.67 ID:22BqOXk0
せめて見てから断れば良いのに……。

それにそんなことで重要な代物を使うなww

650 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:29:47.77 ID:nH3Avt.0
                    .....:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.....
                 ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:`:.、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. iヽ:.:.:.:、:.:.:\
            /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.i: l:.:.ヽ:.:.:.\:.:.:ヽ
             / //:.:.:. /:.:.:.:.:.:/:.:.: /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.
              /:/ :. i:.:i:.:.i:.:.:.:.:イ:.:.: /:/ヽ:.:.:.:.:.:i:.:.:.:. i:.:.:.i
.            /:/:.:.:. |:.:|:.:.|:.:.:./ .|:. ,イ:/   \:.:.:|:.:.:.:.:.|:i:.:.l
          i i:.:.:.:.:.|:.:.!:┼ 7 メ:/〃, ‐―‐ヽ: !:_i:.:.:.!:l:.:.l
          | |:.i:.:.:.:!:ハ:.!:/ /:' /'        !ハ/:.:.iハ!:.:.:l
         /:.l:.ヽ:.:.ハ ,ィf示ト、    ,ィf示ト./i:.:/ /:.: i:!     ん?
          /:.:.ヽ:.iヽ!:.:.  irし::}     irし::}/:.:l:.ゝ':.: /!.:.    今出てきた「柳生杖」というのは何かな?
.        /:.:.:.:.:.ヾ:.:ゝハ. ゝ‐ '  ,   ゝ‐ ':.:.:.:!/:.: ィ:.ハ:.i
       /:.:.!:.:.!:.:.:i:.:.:.!:ーヽ    、   ,  /:.:.:.:.ム ´/:' |:|     「十兵衛考案」というからには
        |:. ハ:!ヽ:.!ヾハ从:>         ィハ从乂. /'  !'    それなりのもののようにも思えるけど。
       ヽ!  ` `  ,、.、    i` ‐ ´ /     _
              ,.-': ::λ _ /    !、   / ⅵ_
           /.: : : : :冫  _     _ ̄冫: : : :.ヽ

                                             /            \ヽ\
 ええ、そうよ。                         .      , '             \.、ハ
柳生には、「十兵衛考案」と由来される特別製の杖、    .     /     l { : .\: .\\   `ー廴_
「柳生杖(やぎゅうづえ/やぎゅうじょう)」というものがあるの。...   ,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\
「十兵衛杖」とも呼ばれているわね。             .     l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ
                                        | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )
 これは説明によると、                     .      !.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ
                                         .l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\
 「孟宗竹三本の中に、芯として鉄棒を入れ、        ..       乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \
  竹と竹の間に薄い鋼板を挟み、             ...        ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\
  それを麻糸で結んだ後、漆を塗って仕上げた」                ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \
                                   .       /イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,
 という代物で、                        ....           ,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ
長さは四尺(120cm)、直径六寸(1.8cm)程度の杖だったそうよ。     ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ
実物は今も柳生の芳徳寺に展示されてるわ。                ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ
                                   .       /: : :∧   !. V《//   !  V .》/  |   |: ハ:ハ: |
 >>1の個人的な感想としては、              ......        /:/ : {    .|  V/_  o|  V》/  .,′   .!; : :.| :!; !
「思っていたよりずっと細かった」だそうよ。               ./:/: : /   .∧/_ヽ)  i   .V   / /   |:!: : |: |i |
                                   .     /:.,': : /   _|/ ´-、Yフ  !     ./i     !:| : :!!:| !|

651 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:31:31.26 ID:nH3Avt.0
           _......,....-‐――‐-....._
       ..:.:.'"´:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
      /:.:.:.:.:.:./: ,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ./:.:.,:.:.:.:.:. /:.:.i:.:.:.,:.:.:.:!:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:./:.:.:':.:.':.:,':l:,':.:i:.:.: /':.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:',
    .':.:.:.l:.:.:.l:.:.:i:.l:.:l:!:.:ll:.:,' ',:.l',:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:. l:.:.:.:.:.:.l
   .l:.:.:.:l:.:.: l:.:.:l:.l:.: !-―'‐- ',:!.',:.:.:.:.:.l-‐.,―l:.:.:.:.:.:.!
    .l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:l:.l:.:.:.:.ハ/  __ ! ',:.:.:.:.! __',:.:.l:.:.:.:.:.,'
    !:.:.:.!:.:.:.:l:.:.:l ',:.:.ムテニ=ミ、 .:.:.:.:,ィテミヽ:l:.: i:.:ハ      実質、「しなる鉄の棒」みたいなものだね。
    .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:l: ',:.:', lr'{::::} |  ヾ/ l.{::}.!.'`!:.:l:/:.:i
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、      随分と物騒な代物だけど、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ    なんでこんなものを十兵衛が?
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::、::::ゝ-'´ ̄`ー'´ ̄`ー'´ゝ::::、:::::::',

                                  .           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
                                             /     、    、 \
                                             ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
 理由は今ひとつはっきりしないけど、           ..        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
当時の幕府の方針として、                   .       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
「無闇に刀を抜かないように」というものがあるから   ...         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
そちらに合わせて考案したのでは、という話はあるわね。         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
                                  .         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
 まあ、下手な刀より使い勝手はよさそうだから、     .       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
上記方針の根本的な理由であるところの、        ..      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
                                  .     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
 「喧嘩をさせない/起こっても大事にしない」           , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
                                  .  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
 というところの規制になってるかどうかは          , '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
微妙なところだけどね。                   .....   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
                                      |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/

654 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:34:48.23 ID:FOkVrj2o
中国だと、鉄鞭とか鉄杖(よくしなる)とかが、
「気は優しくて力持ち」系の武将の武器でよく出てくるね。

……実態は人の頭がスイカみたいに爆ぜるシロモノらしいが。

655 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:36:16.72 ID:wKmflm60
いや鉄で頭打ったら爆ぜるおww常識的に考えてwwwwww

652 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:33:09.64 ID:nH3Avt.0
 そして年も明け、寛永十四年(1637)…


      / ̄\  
     .| ^o^ |    わか またえどから
      \_/   しょじょうが とどきましたよ
      _| |_ 
     |     |


       ___
      /     \
    /        \     どうせ碌な内容じゃないお。
    /::::::           ヽ   もし「柳生家は左門が継がせることにした」とかだったら
    |:::::          i   もう十兵衛立ち直れそうにないお…。
    ヽ:::        __/
    /::::        \    「まあ ひとまず およみください
    |:::         _)    ひさびさに とのから わかへの てがみですよ」
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)

653 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:34:27.72 ID:nH3Avt.0

 江戸の宗矩から十兵衛宛に手紙が届きました…


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /   夏の稽古に来い  /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____ 宗矩 /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

656 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:37:12.49 ID:nH3Avt.0
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
    `――――――○――――――’
゚ | ・  | .+o   ____* o。 |。|   *。 |
゚ |i    | +   /_ノ ' ヽ_\   | |!    |
o。!    |! ゚o /(≡)   (≡)\   | * ゚ |
  。*゚  l ・/::::::⌒(__人__)⌒:::::\ |o  ゚。・     キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
 *o゚ |! |     |r┬-|     |  + *|    遂に十兵衛が柳生家の嫡男として
| ・    o \      `ー'´     / *゚・ +||    江戸に再デビューする時がやってきたんだお!!
 |o   |・゚  >         |  *。*   |
* ゚  l|  /           |    | +|     これからが、十兵衛のDENSETSUの
 |l + ゚o  /           | *゚・ ||  ・ |o    幕開けなんだお!!
 o○ |   | 丶    ヽ  /  | *o|  *。
・| + ゚ o /| /     | /   |  O *。|
 O。 | ( ∪  / ̄\∪  ノ。* 。   |
 o+ |!* \  /     |  ノ   |  *o|
 |・   | ゚・  )ノ     \ | o○ |!


      / ̄\  
     .| ^o^ |    まだ けいこに よばれただけですよ わか
      \_/    そんなあまいかんがえで だいじょうぶですか
      _| |_   
     |     |

657 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:38:22.02 ID:22BqOXk0
この代官は十兵衛の側にこそ必要だろ常識的に考えて……

658 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:39:02.02 ID:nH3Avt.0
  __|__  __|__   __|__    _/_ | |
     /ヽ       /     __|__    /
    /  ヽ    `ヽ/        /ヽ     /  ̄ ̄
  /    \  _/ \_   _/  \_   / ヽ__

           _____
          /        \       |
        /           \     人
       /   、,,___   ,,!|__,,..、   \   ̄ Y  ̄
     /    rrzx_.`i i i!rzzx,     \    |     単に稽古させるだけなら、わざわざ江戸に呼んだりしないお!
    /         ̄ .| | .i|  ̄     \      このまま柳生庄でもずっとやってきたことだお!
    |            r! !ヽ         |
    |           ` ´           |      それを江戸に呼び戻すというのは、
.    \         `==≠´        /      ようやく十兵衛の復帰に目処が立った…ということだお!
      \       `¨¨´       /
       /                〈

 ┌:┐┌┐ ┌:┐┬‐   _/__
  |二l l二|  l二l |二コ   /    ヽ  |    \ 
  | ┌‐┐.|   ‐;┬.ヒ二|  / __|      |     | 
  | └‐┘」  ノ`ト、ノ ヽ   (_ )\   \/    


      / ̄\  
     .| ^o^ |  (これは うざい)
      \_/   
      _| |_  
     |     |

659 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:40:52.31 ID:nH3Avt.0
      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)    さあ、代官!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ    とっとと出立の準備をするんだお!
(  <|  |   |r┬(    / / ))  .さあ、これから忙しくなるお!
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /


      / ̄\  
     .| ^o^ |    わかりました
      \_/    なんにせよ よいてんかい ですしね
      _| |_  
     |     |

662 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:42:44.90 ID:nH3Avt.0
 そして四月…

     ェェェェェエエエエエェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNNiNト、
  NiNiNiNiii圭圭圭圭圭圭NNiNiN
  {エエ圭/ (●)  (●) \圭エエ} 
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/     それじゃ、代官。
     |     `⌒´     | ∩    今まで世話になったお。
     \             / /
       >            ./      柳生庄をよろしく頼むお。
      ( |        // 
       `|       /'
          |   r  /
        ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......


      / ̄\  
     .| ^o^ |   おまかせ ください
      \_/  
      _| |_  
     |     |

665 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:45:44.28 ID:nH3Avt.0
     ェェェェェエエエエエェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiiiNNiNト、
  NiNiNiNiii圭圭圭圭圭圭NNiNiN
  {エエ圭/ (⌒)  (⌒) \圭エエ} 
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/     あと、出立前に植えた、杉の世話も頼むお。
     |     `⌒´     | ∩    あれは記念の樹なんだお。
     \             / /
       >            ./     

      / ̄\  
     .| ^o^ |    だいじょうぶ ですよ
      \_/   きっと おおきなきに そだててみせます
      _| |_  
     |     |

666 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:47:45.69 ID:nH3Avt.0
                 ._
                 \ヽ, ,、
                      `''|/ノ
                     |
               _   |
               \`ヽ、|
                 \, V
         , . ; ; ;,'∵,'∴,'+ L,,_ '∵,'∴,'+:.:.:.:.:.::; ; ,. ,、
   ,. ; ,+X'∴゙'+"         |ヽ、)   ,、     ゙ ∵ ':,+';x ;、 、
  +:'、+                /     ヽYノ          +、', 、
  ゙,∵,、               /    r''ヽ、.|          , +,∵
   ` ∴',+:; . ,          |     `ー-ヽ|ヮ       , +: ∵
       `'∵',+'∴; ,      |.        |   , . , ; + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "  
                `^ ゙ ゙  ^ "              


 十兵衛は柳生庄にいる間、1本の杉を植えている。
この杉は後に「十兵衛杉」と呼ばれ、平成の今もまだ柳生庄に立っている。

 【十兵衛杉】
  http://kanko.gnavi.co.jp/spot/77/29000277.html

669 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:50:31.53 ID:fGtxH0so
へーえ。

・・・あ、どこかの小説で読んだ気もするな>十兵衛杉

668 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:49:56.23 ID:22BqOXk0
枯れたのは戦後以降なのか、残念……。

667 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:49:04.41 ID:nH3Avt.0
     ェェェェェエエエエエェェェェ、
   、イNiNiNiNiNiNiNiNiNiNNNiNト、
  NiNiNiNiii圭圭圭圭圭圭NNiNiN
  {エエ圭/ (⌒)  (⌒) \圭エエ}    
   ゝ:::/ ::::::: (__人__) ::::::\::::/     では…行ってくるお!
     |     |r┬-|     |     
     \      `ー'´     /      
       >          <      
      ( |        // 
       `|       /'
          |   r  /
        ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......


      / ̄\  
     .| ^o^ |    いってらっしゃいませ
      \_/   どうか おげんきで
      _| |_  
     |     |


 こうして、五月初日からの江戸での夏稽古に参加するべく、
十兵衛は十一年ぶりに柳生庄を出立したのである…。

670 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:51:01.48 ID:nH3Avt.0
=そして時は現在に戻る=

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \   
     /   (__人__)     \    …と、まあ、大体こんな感じでしたお。
      |    ` ⌒´      |   
      \           /
        /         \
       |             )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ    (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (─)(─)  /;;/    
. |    (__人__)  l;;,´    ふむ…そうか。
  |     `∩_ノ)━・'
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

672 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:52:48.89 ID:nH3Avt.0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)         (…まあ、十一年も蟄居しておれば、
.   |     (__人__)          流石に反省もするかの。
    |     ` ⌒´ノ  ,r'゛ヾ     ひとまずは大丈夫のようじゃし、ならば…)
   .l^l^ln      } `‐=   )
.   ヽ   L     }   ゝ-´  );;;;;;)
    ゝ  ノ   ノ        .) ;;;;)
   /  /    \       ./;;/
  /  /       \     .l;;,´
. /  /      |ヽ、二⌒)━・'
 ヽ__ノ

673 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:54:03.37 ID:nH3Avt.0
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●)       十兵衛。
         |     (__人__)      では予定通り、明日からの夏稽古に参加せよ。
         |      `⌒´ノ   
          |         }        
          ヽ        }      (
           _ヽ     ノ`ヽ、_     )
.           _/|\ ` 、,__ 、小 L  ̄ ヽ (
        _, ハ  \ ` ァ、 /ヘ,レ―‐‐、__i__,)
.   , -‐ ´   ,ゝ   \/ _ 又/    ,ヽ\丁
  /   ヾ.    \    , イ{`<   _ ,ィ 〉〉〉|
. /  `゙ヾ\    ヽ/ ヽ\`く´ / `ー(/ |
. !   ´⌒` ヽ  /     `ーヲ`〈    i   !


          .____
       /    \
      /   \  /.\
    /    (⌒) (⌒) |      勿論ですお!
    |       (__人__) .|     江戸の皆に、この十兵衛の腕を見せてやりますお!
    \     `⌒´ / 
    /  ⌒ヽ    '´(        「あとな…」
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

674 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:55:30.18 ID:nH3Avt.0
                 / ̄ ̄\
               / .\,  、/\     _,,
               | (●) (●) .|     l;l         この十一年、
              . |  (__人__)  .|  _,_,|,|_,       お前なりに会得したものを書き記し、
                |    `⌒´   |, ト-=y  丶      わしに見せるがいい。
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l  
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,      この意味はわかるな?
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i, 
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|
   ヽ, ,, i、   _,,tv   /iiiii      ム、 / /  ヽ、ヽ、_x--ー‐- 、
 __,,,l ii Yi___,lk /   }iiiiil    ヘ __,,,,,,___/    `x'"^   ,,,,,   \
     ^ ̄⌒ヽ  ヘ、  ,ノiiiii|、__,,,y,,_,,,/ ヽ、  ,/   ,,,-‐‐ `',,   ヘ,、
   ,,,_  \  ヽ  `>- liiiiiiil ¬">--  ヽ ヽ  i   i/   _,, /   } i
     "- ,,   }  / /iiiiiiil  /      l  l l   lK   ^~'  / |
        \ーヾ  /iiiiiiiil  /        i   i |   |i`'ヽーミ_/  /


               _____
             / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
            /        ∪     \      ||  ||
          / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
         /  (   ● l    l ●   )  \
       /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \        ち、父上!
       |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |       それは…つまり…!
       |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
        \          |/⌒i⌒、|       /
         \       !、__,!    U  /
         /       、____,,      \
        /                        ヽ
         |  、                ,   |

675 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:56:56.64 ID:4kCRLQM0
キター

676 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:57:08.88 ID:nv6xLR.o
出来が悪かったら廃嫡ってことですよね(^p^)

678 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 22:57:30.71 ID:nH3Avt.0
   / ̄ ̄\    ) ;;;;)
  /  _ノヽ_\   ) ;;;;)
 |    (●)(-)  /;;/   わしが、将軍家指南役に就いたのも三十一の時じゃった…。
. |    (__人__)  l;;,´   同じ歳となったお前が、我が柳生新陰の流れを
  |     `∩_ノ)━・'    どの程度わかっておるか…見せてもらうぞ?
.  |     |_ノ
 /ヽ    |  |_
 |  \_/ ノ ヽ
 \     /_|  |
 | \ /  _/

                  _____
                /         \
               /            \
             /     \,      ,/     \       お、お任せくださいお!
                /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \     この十兵衛の十一年、父上にお見せいたしますお!
          /    (   ● l    l ●   )    \
          |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |   (ここで父上に認めて頂ければ、
          |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'  u.  |    きっと十兵衛も印可を頂けるお…!
           \       `┌,─'^ー,,-┤       /    渾身の物を仕上げてみせるお!)
            \     `ー -- -一'     /
            /                 \
           / ̄ ̄ヽ;               ヽ
           (「    `rノ                |
           ヽ   ノ              i   |
           i´ ̄ ̄`i                 l   |


 こうして、十兵衛の江戸での日々が始まったのである…。

679 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 22:58:04.77 ID:fGtxH0so
博士論文みたいなもんだなww

680 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:00:16.53 ID:nH3Avt.0
             _........-――.--..、_
         ,...:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.、
        /:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:i:.:.:.:.:.:.i',:.:.:.:. i:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    ./:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ハ:.l:.:.:.:.:.:.:l ',:.:.:.:.l:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
    i:.:.:.:i:.:.:.:.,:.:.:.:.:.l:.:.! !:.',:.:.:.:.:.:.l ',:.:.:.:!: l:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ゝ
    l:.:.:.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.!‐l―!-!‐':.:.:.:.:!-‐,―!‐l‐- i:.:.:.:i:.l:.:.lヾ、
    l:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:ハ:.l  ヾ! ',:.',:.:.:.!  ',:.:!N.!:.:l:.:.:.:.l:.:l:.:.l  \
    l:.:.:!:.:.:.:.: !:.:. ,'ィオテミ斥 ',:.',:.:.',ィテ≠ミx、!:.:.:.:.l:.l:',:.:l
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:l ≪  し':ハ  ヾヽ:.', ん心 ≫:.:.:i:.l:.!:.',:.l      おや?
    l:.:.:.:.:.:.:.:rz:.:.i  .弋zソ    ヾ!弋zソ i i`):.!:.l:l:.:.l',:l     この時点では、また十兵衛は新陰流の印可を
    /:.:.:.:.:.:.:.:{ ',:.', 、、     ,   丶 、、 .!/,.':!':.:!':.:.:l ':!      受けていなかったのかい?
   ./:.:,イ:.i:.:.:.:.ゝ、ゝ',               从,ィ:.:.:.:i:.i:.l
  // .l:.:',:.',:.:.:i: ',¨ヽ     ‘ '     ,.イ:!/,':.:i:.:.i:.!:.l       正直、意外だな。
  /'   l:.:.ハ ',:.:.',: ',:.:.',.>      ,..イ:./:. //:.:.,l:.:.!:ハ',
     l:.:ハ:.',:.:.',: ',:.:.', i  ` ー .i〃〃//イ:./l:/l:'  \
     .!'  .ヾ\lヾ',:.:.',.}     l/ /'  /' .}/ .}' !
          `  ',:.:','       ゝ..._____'
       ,.-‐‐┬、´ ヽ',          ,ヽ ̄`ヽ
      /::::::::::::::! ) -‐ヽ‐ 、    `´ ̄ ζ::::::::::::',

                                            /            \ヽ\
                                        , '             \.、ハ
 ええ、そうよ。                         ..     /     l { : .\: .\\   `ー廴_
本人の腕前そのものはともかく、印可というのは、     .      ,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\
師匠が認めて初めて得られるものだもの。         .     l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ
十兵衛が柳生庄に蟄居していた以上、          ..     | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )
師である宗矩にも検分しようがないでしょ?       ....      !.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ
                                         .l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\
 これが、他の大名に名目だけの印可を与える程度なら.       乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \
逢わずに渡す事だってあり得ないとは言えないけど、          ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\
この場合、自分(宗矩)に何があった場合、        ..           ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \
流派を継ぐべき人間の腕前の問題だもの。        ..       /イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,
自分の目で十兵衛の技量が確認できなければ、   .......           ,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ
流石に印可は出せなかったでしょうしね。        ....        ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ
                                          ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ

681 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:02:29.52 ID:nH3Avt.0
           ...:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:...
         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.、:.:.:\
          .:':.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.\:.:.ヽ
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.ハ
       .':.:.: ':.:.:.:.:.:.:.':.:.:,:':. ト、:.:、:.: i:.:.:i:.:.:i
       !:.:.:.l_:.:.:.イ:.:./ィ:./ ヽ:.i:.:.l:.:. l:.:.:l
      .:l:i:´l:.:/`メ:, ' /:´ ̄ メ、:l:.i: l:.:.:l     というか、そもそもの疑問なんだけど、
      .': ll 小ィfラト、   ィfハオト、:l:ハリ:.:.:.!    何故、この時期になって、宗矩は十兵衛を江戸に呼んだのかな?
     ./:/:.!:ヽハ 乂:ノ      Y::ノ´リ' ノ:i:.:.:.!
    /:.':,ィ:i:.:.:.ハ   ,       /ー´:.:.l:ハ:.l     単に腕前を見るだけなら、
.    {:ハ:l .lハ:.、:、 ヽ  ー一   イ:.:ノ:.: 人 l:.!    もっと前から呼んだっておかしくないと思うけど。
    ヽ `  `ー`ー>. _ <ムイハ从 ノ'
              ‐、/|     ノ' }
.        /: : : //´l    /: : :ゝ. __
.        /: : : : ://_ `  /: : : _ --、ヽ

                                         .....     _..  -―‐- 、
                                              ,ィ´        `  、
                                             .,イ//  ,ィ,ハ     ヽ ヘ
 その辺りについては、                             . / /,' /ソ/小 トi、 i  ヽ! ハ
今ひとつはっきりしてないから推測でしかないんだけど          . |/|,' l l/斗iノ^弋ミ、.ト、  ヽ.l i
今まで呼ばなかった理由としては、                       |l |i v,r云   f示テx  ヽ. |
                                         ..... ヾYハイヒ::リ   マcぅソ| ト、 l. |
 寛永三年~六年頃   : 謹慎という形で蟄居させた以上、      ...  .j ゝ l`  ゙_   ´.,l |ソ1 |
                少なくとも数年は江戸に戻せない。         .ノ / ヽ  l´ `!  /!.|_リハ
                                         .....  / ノi イ| >.ー_' //|.| `ヽ ヽ.
 寛永六年        .: 但馬守の叙爵、惣目付への就任、      .    .lヘトi  /ミヽヘ/ l.| / ハ ヘ
   ~寛永十三年     「兵法家伝書」執筆など多忙のため、         .ノ |.ト、 | fミソ Y   リ/  .} ハ
                .十兵衛に構っている余裕がなかった。    .  ∧ |.|ヾ'|. マ  |  〃/    〉  !
                                         .....  | |l ヾ zl} l   .ト、〃/   /   |
 寛永十三年       : 諸侯の列に並び、状況を整えるため       l l 〉 -/ ∧ 入__,ノ/7ヽ  /  li |
   ~寛永十四年初頭  それどころではなかった。           .  ヾl}  ′ヾ ニ7>彡'゙  ` ハ. l| '
                                         .....   .l     /i\     j !Y゙レ′
 というところだったんじゃないかなあ…と。                     \_/  .l  \__/ ノ
                                         .....     ∧ヽ /\     彡'|
                                         .....     { .ヽ/   \_彡'´  .|
 「平たく言えば、”十兵衛に構ってる暇がなかった”ということだね」       ノ 二ニ= _二ニ二  ..|
                                              r匕 ー--一        /
                                               .〉 / / ,|     l   ./

682 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:03:52.96 ID:fGtxH0so
十兵衛カワイソス・・・と言いたい所だが、宗りんも大変だったからなぁ・・・

683 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:03:56.36 ID:nH3Avt.0
                                ......      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
                                       .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
                                       l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
 まあ、それに、この年にはとうとう宗矩も67歳。     .     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
それこそ、いつ亡くなってもおかしくない歳だもの。   ..    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
                                ......    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
 無嗣断絶で数々の大名家が改易されている以上、 ....   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂
諸侯の列に並んだ宗矩が、                    (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
自らが亡くなったとしても、柳生家が存続できるよう、     ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー
状況を整えておくことを考えたから、というのも           | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
あると思うわ。                             | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
                                ......     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
 蟄居謹慎の身のままじゃ、十兵衛の家督相続権も   .   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
申し出ることが出来るかどうか怪しいところだしね。      / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
                                   |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
                                   | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ


        |ヽ|l:.:.:.:/|:l:.:.:.:.:.:..|:.,rー'''゙¨ヽ、:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |/ l\/ l/|:.:.:.:l:.|!´       l:.:.:.:.:|:.:.:.:l!:.:.:|:.:|
        |_/|/ ヽ、|:.:.:.!/      /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.l:.:.:.|:.:|
        |`ヽミ   l:.:.:./  _,,,.. -ー/li.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|
        |ィト,/`  l,/´     l:/|`:.:.:./:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|     なるほど。
        |ソ,/         ___  ' i:.:.:.:/:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:|    すると今回の江戸での夏稽古への参加を命じたのは、
        |`         ./,、 ̄`_ヽ|:./l:.:.:.:.:./:.:.:.:|:.:|
        |         ,ト!(:.:rテ'/ ´ /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:|     「十兵衛が柳生家/柳生新陰流を
        |    '    ヾニ_ /  /'ノl:.:.:/:l:.:.:.:.:.:.|:.:|      継ぐに足るかどうかを見定めるため」
      /iヽ ヽ 、_         ,/_' -‐':.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:l
        ヽ` \  ̄        ィ‐':.:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:/      ということだったというところか。
     l`ヾ、  l--──‐─‐.' ´:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.l/     .まあ、いきなり復帰させずに、まず様子を見る、というのは
     _'、  \. |イ:./l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.ノ:.:.:/l/:.:.:.:.:./'      如何にも宗矩らしい慎重さだね。くっくっく。
     l l \  `'i Y  |:.:/ノ_ -‐!/l:./l:.:.:/ /:.:.:.:./l
      〉、  ヽ  | \ ` ´    レ i/ il_/

685 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:06:08.01 ID:FOkVrj2o
まあしかし「父上は息子たちをコマとしてしかみてない」
と息子に思われても仕方ない面もあるよね。

693 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:11:39.94 ID:E9UQ8B20
長男がコマにもならない失敗作とかどんだけよww。

684 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:05:21.33 ID:nH3Avt.0
 さて、江戸に戻った十兵衛は、早速、五月から秋にかけての江戸柳生道場の夏稽古に参加した。
(これは、長らく江戸を離れていた十兵衛と江戸の門弟達の顔合わせも兼ねていたと言える)

_                _____
\\             / \ / \   
  \\          / (●) (●) \      というわけで、今日からこの十兵衛も稽古に参加するお。
   \\       /     (__人__)   \    柳生家の嫡男だからといって、遠慮することないお。
     \\     |        `⌒´     |   全力でぶつかってくるがいいお。
      \\.   \              / 
        \\.  ,/           \
         \(⌒,´           ヽ、二⌒)


               /  ̄ ''' ‐-
              /=二三三三三`' 、
            _/ =二二三三三三三{__
         __/_.. ‐r'´ ̄ ヽニ‐-≦三三二}_,、
         〉//>'´ゝ...__..ノ二≧= __ ヘrl-|::::ノ
         (ゝ,'´ ≡  三  三三三へ_i }:::ゝ-')
        /  三  三 三三三三三/::::::::::く
       /   ,/≡ 三三 i三三二三∠_T⌒ヽヽ)/i
     ノ __ -‐'ル、===ー'≧ラ=':::::ノ"'ゝ}l, i´ヽ',:::::ノ
 __ -=≦≠‐‐イヘi 弋tァニミァゝー弋tラ二  |:li`) i } く      フ…なら、剣名名高い十兵衛様が実際にどれだけの腕か、
         { l;、 く''"/´ミ  `゙`' ̄     ,,|::!.' //ヾリ     いっちょ試させてもらおうじゃねえか!
        lーヘ l:ヽ. } { ヾ!   __     , '゙ |::i _/:::::ハ_ノi
          ,ゝ:::::::::::i { i   ゞン´    `}i l::i'`|:::::::::::ノ     「お、元気があっていいお!
        〉::::::::|ミ| ! { ''"゙" "゙"''~ヽ  ;! !/ =i:::::::::ヽ      かかってくるお!」
       (::::::::::|三| l ! ゝ--‐‐'''"      ∧三|::::::i`リ
      て::::::::::|三 | リ  二三=     ∧ 三 l::::く_,
       く ::::::| 三ヽ    ≡       _∠=三三|:::::く
         ヽ:::|三三 ヽ  三=   /三三三三|::∧ノ
             |三三三ヽ____/三三三三三.|:::)
             |三三三三三| |三三三三三三. |/
            柳生道場門弟その1

687 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:07:15.22 ID:MlnkAuco
冨樫ェ……

686 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:06:37.96 ID:nH3Avt.0


                  .
                    \..                /
                     \\..            //
                      \\... o |    //
                       \ \  。/ / /
                     ヽ   \  \ .。 /
                         ヽ\    /
                     - -二         二 - -   パパンッ!
                       o        \ 。
                            o  \  \.
                      / /。/     \ \.
                    / /     `~´   \\
                   //    / 。         \\
                 //                  \
                /



688 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:07:56.96 ID:FOkVrj2o
「あ、あの太刀は!」
「知っているのか雷電!」

689 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:08:25.33 ID:nH3Avt.0
        /      三       
       /─  ─   三       
     / (ー)  (●)   三      ふむ…こんなもんかお?
      l   (__人__)       三    さあ、どんどんくるといいお!
      \  ` ⌒´       三   
      /⌒          ̄三  
.     |                ,、 三
      \  \        ||   三
       \  \      /  三
       /\  \   i′  く 三
      /   \  /]  /  三
    /    / (ノ/)) ̄ヽ    三
   __| .   | / ,ゝ ̄   ヘ    三
  (__\\ /        `ー‐三


               /  ̄ ''' ‐-
              /=二三三三三`' 、     ) ;;;;)
            _/ =二二三三三三三{__    .) ;;;;)
         __/_.. ‐r'´ ̄ ヽニ‐-≦三三二}_,、  /;;/ シュー
         〉//>'´ゝ...__..ノ二≧= __ ヘrl-|::::ノ .l;;,´
         (ゝ,'´ ≡  三  三三三へ_i }:::ゝ-')
        /  三  三 三三三三三/::::::::::く
       /   ,/≡ 三三 i三三二三∠_T⌒ヽヽ)/i
     ノ __ -‐'ル、===ー'≧ラ=':::::ノ"'ゝ}l, i´ヽ',:::::ノ
 __ -=≦≠‐‐イヘi 弋tァニミァゝー弋tラ二  |:li`) i } く      はっ…早えぇ…。
         { l;、 く''"/´ミ  `゙`' ̄   u ,,|::!.' //ヾリ     こっちが打ったと思ったら、
        lーヘ l:ヽ. } { ヾ!   __  メ. , '゙ |::i _/:::::ハ_ノi    俺の方が打たれてた…!
          ,ゝ:::::::::::i { i   ゞン´    `}i l::i'`|:::::::::::ノ  
        〉::::::::|ミ| ! { ''"゙" "゙"''~ヽ  ;! !/ =i:::::::::ヽ     な、なんてぇ剣だよ…!
       (::::::::::|三| l ! ゝ--‐‐'''"  U   ∧三|::::::i`リ
      て::::::::::|三 | リ  二三=     ∧ 三 l::::く_,
       く ::::::| 三ヽ    ≡       _∠=三三|:::::く
         ヽ:::|三三 ヽ  三=   /三三三三|::∧ノ
             |三三三ヽ____/三三三三三.|:::)
             |三三三三三| |三三三三三三. |/

690 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:09:17.42 ID:wKmflm60
「この富樫生来目が見えぬ!」

691 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:09:50.79 ID:p0BVyJQo
それは月光やww

692 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:09:53.14 ID:nH3Avt.0
                             ____
          r、                 / ─  ─\  / /
         ⊂' |             /  (●) (●)\ /
          |  | \  ___       |     (__人__) ___|___    ほれほれ、
          |  | \ ,-  ─ \    \ _∩r─        )   この十兵衛の動き、見切れるかお!?
          |  |  (●) (●) .\   / / ノゝE´ ̄/ ̄ ̄  ̄
    ____  |  \| (__人__)    |  /  / l     / _ _ _
  / ─ ─ \ \  \       ./  l /  /   /
/  (●) (●).\ \       \  \_/    /  ̄  ̄ ─
|     (__人__) / )    ̄ヽ      \   }      |  二二二
.\  _  _  | | ̄    !     l !  ,/     l ─ ─
  / )     / / ─‐   .|       |/  /     / ─ ─── ─
  l |       /         |       |  /  /|   /
  | ヽ    ヽ       ヽ     l ,/  / /  / ─ ─ ─
  ヽ_人     \ ──____ ̄`ヽ〈/  / /  /
     \     \ /─ ─ \ | ! / /  /
      \    /(●) (●) \|,/  \ \
        |   |   (__人__)    ||    \ \    ノ) __ _
        |     \         /──‐-、/ ̄ ̄ ̄ ̄  \ __ __ _
        |    //    と ノ___ ノ  /´/ ̄ ̄ ̄\)  ____ _   見切れなきゃ、どんどん打ち込むお!
        |   /       / \  \  |  /   ─  ─ \
        /  / ハ      ヽ  \  \\|    (●) (●) |
       ./  / / ヽ      ̄\ \  \.\   (__人__)/_ _
      /  / /   l        \ \  |        ̄\   __ _
     ./  / /   /  / ̄ ̄\  /  \ヽ        \   __ _
     /  / /   /  /     (__)   | |        /\ \

694 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:12:05.06 ID:nH3Avt.0
              ,. -──‐- 、
             /        \
            厶  大      ∠ハ        )ー'ヽ、_ノヽ_人_ノヽ_/ヽ__ノヽ
            ム   往    u  ∠ハ       く
          r'ー、_  生  _,r-‐'  ∠|       )  ぬうっ…あの動き!
           { イリゞ、_、゚ r_ノノ777    |_      ヽ
           ハ`tーa-七个-a一ィ イ /ハ     ノ   ま、まさかあの方は伝説の
          { /  ` ̄7 バ ̄ ̄´   } ら }   ∠
          !{ u  _,j ,'  ヾ、_    ノ r‐'/     `ヽ    魔 法 柳 生 …!?
          ヽi   {⊥ `k     r'  ン1      ノ
           ヽ   ヾツ′     l´  |        `ヽ
             |  /⌒'_゙⌒ヽ   _l___|__      //⌒V⌒ヽ/⌒V⌒ヽ/⌒ヽ/⌒
         __ゝ | '"ー-`ヽ│  |┌──|
     〈¨二 - -- ハ  `广″ ヽ/| |:::::::::::::|
     !|ュ   __。 /ハ_ ィニュ   __人. | |:::::::::::::|
.      !lュ  °//    ̄ ̄ ̄    `トl、:::::::::::|
    _⊥| ---─イ_       〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フー--、_
/ ̄ ̄\    /    ̄`Y´ ̄ ̄ \::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::`ヽ
:::::ヾ::::::::::::ヽ  /        |       ヽ::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::ハ
          柳生道場門弟その2


     /::::::\_
     l:::::::::::/:::::\
   / ̄::::::::::::::::::::|
   l、::::::::__::::ノ    _
    >' ̄     ̄\  /::::::ヽ_
    /    iiiiiミ   ,へ(:::::::::::::::ヽ
   /    ||||,へ,  ヽへ\:::::::::::::
  i|||llii,ヾヽ|||/O/ ,  ))ノ |::::::::::::    なにっ!?
 ||'' _''ll l''ヽ-' '  '  ヽ ノ::::::::::::   知っとるのか雷電(仮名)!?
 ``| '、0l| |::ヽ  ,,,,,,,、 <ー─
  r┤、 ̄|_ |::::)/イ ̄l   | \
  |::ヽ |  ,,,,,j `イ /lノ   | /
  >::::| ヽ l' ,イ /l/、ノ  ノ //
  ヽ-yーヽ ヽ<^/、/  ///
    |::::::::::\ ヾ-`' ノ ///
┬┬┬j ̄| | ヽ____/ //
┼┼┼l○| |  ヽヽゝ ///
   柳生道場門弟その3

695 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:13:18.81 ID:fGtxH0so
裏柳生、妖術柳生に続く第三のイロモノ、魔法柳生キター!

696 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:14:04.29 ID:nH3Avt.0
           __/~7__ :: /__/ ::/ /,.、/ヽ/
ヽ   ____  /_.  ___  /,.-‐''";:/ /´
;:;:⌒'/____/'^'::: / /-/__/ ;. -''7'/__,/  ,.-=ァ'´
:;:;: ____.;. -'/__/_,. -r''´   / ./  ,/。} /
-/____/,. --‐'i´ヽ (、 ,/∠-‐'^ー,.' '´
─-r─‐=<.._ `ヽ、_ヽ、,≧='´∠---‐''´
  ヽ   、,,__,.>。、_〕:7":: `ヽ/`''.:.::.: : : : : : : :.      そういえば聞いたことがありますね。
   /\ <,.、 `¨´/| :.:   ,レ' : :           齢三十を越えて女人と交じわったことのない男子は、いつしか魔力を得ると。
   | ::ヘ:::;.-、:: ̄´;:" ヘ. .:  /   :            そして、そのような衆の中でも随一の威力を持つ存在…それこそが魔法柳生!
 ,.、\ ::У`い .::   :ハ   {  ´`i;:;:.: : :.
 ヾ三 ,〉′ / ,!    ,!:{   ) ::;ノ: : :      '´`   
ヽ-==;/`ー' / 、___/:;:;ヾ;-_'_;/´;: /ヽ、    丿
 `ニ/    /‐-、. : : :.:;:;:;:;:;.、:;、:;:' i`' ,.へ、ヽ、__//
=ニ∧    /ンー-ヽ. : :.::;:;:;/ ,、ノ,:、;;.>'‐-  二,.-‐'′
,/'ヽヽ-;//;./川ハヽ、_;/ / ,ノ.;._;:. -,.=-‐''´  /
:;:;:;:. .`ー/=イ'//!ヾ、.ハ.`ー' ヾ<,.-‐'"    ,. '
;:;. .: :;:;/ /〃/i.川,i{_ハ. : : : :|     _. .::':´
;: ..:.: /////,!リノ||iヾハ..: : :`ー.;:'';:;.; :
:;.;::,/ニ≦//'ノ' ,/ハヾンハ. : : : : :.:::.:
:.:/゙ー-‐',.=‐-<ニ// |'//ハ.ハ : : : ::;.:. .
/,. -‐'"  ,. 、ヽ/ /'ノノリ,!/ハ : ::;:;:;.:.:.:.:.: : .    /
´     '´  `ヾ. /'´/////,ハ.:;:;:;.;:;:;.:.:.:.:.:.:.: : :/
         柳生道場門弟その4


              ,. -──‐- 、
             /        \
            厶  大      ∠ハ     
            ム   往    u  ∠ハ    
          r'ー、_  生  _,r-‐'  ∠|    
           { イリゞ、_、゚ r_ノノ777    |_    (俺のセリフ取るなよ…)
           ハ`tーa-七个-a一ィ イ /ハ   
          { /  ` ̄7 バ ̄ ̄´   } ら }    そうだ…。
          !{ u  _,j ,'  ヾ、_    ノ r‐'/    しかし、まさか十兵衛様がその魔法柳生だったとは…!
          ヽi   {⊥ `k     r'  ン1   
           ヽ   ヾツ′     l´  |      「何ィッ!?
             |  /⌒'_゙⌒ヽ   _l___|__    すると、十兵衛様は魔法使いなのかーっ!?」
         __ゝ | '"ー-`ヽ│  |┌──|
     〈¨二 - -- ハ  `广″ ヽ/| |:::::::::::::|
     !|ュ   __。 /ハ_ ィニュ   __人. | |:::::::::::::|
.      !lュ  °//    ̄ ̄ ̄    `トl、:::::::::::|
    _⊥| ---─イ_       〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フー--、_
/ ̄ ̄\    /    ̄`Y´ ̄ ̄ \::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::`ヽ
:::::ヾ::::::::::::ヽ  /        |       ヽ::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::ハ

697 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:15:03.31 ID:22BqOXk0
さっきから濃い面しかでてきてないなwwww
そして童貞バレktkr

698 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:16:14.56 ID:nH3Avt.0
 .   /ヽ,      _._  、,   ヽ、 ヽ、
 __,/  |    /  ,,, `ヽ, \   `丶、,ヽ_
 .     |、  /    "ii,, i. |  `'ー-、,_,..___ `i,
万  魔 | \|  tー- 、 '';; | .| | |r _.,_    i .}
    法  .>|   \○.ヽ ; |/ ./ /./´,  `ヽ |/
歳  柳 {   i, ~"!lii;`≫ゞ´ " |.!/._´     .|/
    生 .ヽ、;;\,,,;;;r'"`` :;;´.`i |l´O`'7  /
.! !     i,,;;;;;;;;;,,"( rー-、 ´ `iヽ - '  ./       さすが十兵衛様じゃあ!
       |", ,~_""''';;;,ヽ、;;:;`ヽ,.ノl;:'::'::: ,/ |ヽ     その気になればいくらでも選べる身分なのに、
      /´   .\ "':;;:,,  / !::::::` ー":: | .|     .剣のために女人断ちとは、常人には真似できっこねえですぜ!
 /ヽヘiへハ、_,,;:     .\ "''::;;;;;:::;;;;::::;;:,,, :: | |     
/   /    `' ー;,'_  _,`ー-一''~~"'i ';;; : / /  
   / ,イ"~フ r-、_   ̄ヽ、_ __,,,:  l ;;;; / /
  ./ /  (,_ _,)  }   i´: / {ゝ- ./,;;; |/
  l |, イ⌒ヽ、  }    ヽ!,_!、_,ヽ | ;;;;; .|
  | l     \<,_, -一ー-.、 ~ | ;;;;;; .|
  .| !,         ̄"    } : | ;;;;;;; |
  | `ニ,_  ,,___  _,,_   ノ  | ;;;;;;; .|ミ
ー、 .l    .ヽ ,   `i´  `r´ ~`! | ;;;;;;; .|彡
  ヽ\         '__,,,,..,,,,.,.,.,.,_`| ;;;;;; |彡
   \`ー-一'"´ ̄       `| ;;;;;; |彡
     \             .`;;;;;;. |彡
    柳生道場門弟その5


     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \      そ、それほどでもないお。
  /   <○>  <○> \    けんをきわめるためには、とうぜんのことだお。
  |    (__人__) u.  |
  \     `⌒J´   /    おまえたちもはげむがいいお。
  /              \

699 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:17:13.48 ID:nZFjvuk0
素晴らしい曲解ww

700 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:17:28.37 ID:fGtxH0so
あ、女とプライドを秤に掛けてプライドを取ったなww

701 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:17:54.39 ID:vpz7L.Y0
門弟その5スゲー、十兵衛に致命的ダメージを与えたぞww

702 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:18:04.39 ID:nH3Avt.0

< おお…俺達には到底できっこねえ!なんて根性なんじゃあ!

< 流石は腕前だけなら但馬守様にすら匹敵すると噂されるだけあるぜーッ!

< よし!これからは十兵衛様に女人が近づかぬようにお守りするんじゃあ!

< おお、それは名案じゃあ!「魔法柳生の生き様は 色なし 恋なし 情けあり」なんじゃあ!


       ___
      /     \
    /        \
    /::::::      u.    ヽ    (…墓穴掘ったお…どうすりゃいいんだお。
    |:::::          i     やっぱずっと魔法使いとかいやだお…!)
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)


 このように、十兵衛の夏稽古は、ごく順調に過ぎていったと思われる。

703 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:18:58.36 ID:fGtxH0so
順調じゃないよ! 致命的ダメージ負ってるよ! 心と柳生家の存続に!ww

704 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:20:07.39 ID:Vlh0NDw0
そういえば柳生の有名剣士ってほとんど魔法剣士だったよな・・・
案外間違ってないのかもしれんwwwwww

705 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:20:11.44 ID:nH3Avt.0
 また、稽古の終わった後には…

          ____
        メ ,, -──- 、._\
      メ/ u    ゚ 。 \\
    / /    \  /   \\    こ、この十兵衛最初の伝書で、
     ! | u ((●)) ((●))   |    父上をあっと言わせてみせるお…!
    \\  。 (__人__)   /く<
     ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ 
     _/((┃))_____i |_ カリカリ…!
    / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
  /  /_________ヽ  \


 日々、宗矩に見せるための伝書作りにも励んでいた。

706 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:21:17.05 ID:fGtxH0so
もうそれしかないもんなww>伝書

707 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:22:08.34 ID:nH3Avt.0
              ____
          /⌒   ⌒ \
.         /(⌒)  (⌒) \  +
         /:::⌒(__人__)⌒::::: ヽ        そして…この伝書が認められた時こそ、
        |    |r┬-|     |  +    胸を張って柳生家の後継ぎとして、上様の御前にも出られるってもんだお!
         \_  `ー'´    _,/
.          /          \     +  楽しみだお…!
.        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  
      _(,,)           (,,)_
      /  |             |  \
    /    |________.|   \


 かくして、寛永十四年夏。
江戸で稽古と伝書作成に励む十兵衛の日々が続くのであった…。

708 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:23:01.21 ID:wKmflm60
また石舟斎みたいな奇天烈和歌作りそうww

709 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:23:33.14 ID:nH3Avt.0
          __
       iト≧x:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ _
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
    //:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   iイ:.:.:.:./:.:.:.:.ィ:.:./:/:.:入:.、:.:.:r…一:彡7
   ゙i:.:.:.:.:i:.:.:.:ナメ:;':./:./   i:.i:.:.:ゝfミ   /
.   {:.:.i:.:.!:.:ィィ=ミ./:イ:ノ `ヽ!:l!:.:.:.:.`ヾ ノ、      というところで一休みだ。
    〉、!:.:l:.:' i//ス   イミx iメi:.:.:./:.:.:、:.、:ヽ 
   ./:.:.:ヾ:Y! l/シ     ,!//yミ |:.:/:./:、:.i:.lト、:     それにしても、随分と僕のAAも増えたものだね。
  /:イ:.:从八""`     ー ’ メヤ:f:.:.:.:i:.!:ルヘ〉     猫耳AAなんてのもあるとは想像外だったよ。
  {' i:.:.!ハト:.iヽ 「`y  ""イ:/:.i:.:ハ:.ノ!j"       くっくっく。
    ヾ!  /゙:ヽゝ --一./:イ:/:.レヽ:レ -- 、
        .′ 、i |爻i、 メ i" /メ/     ヽ
        {   | !爻! ヽ r一./メ/ /       、
       ヽ  :.`ヾ爻ュ.  /メ/ .′     /   /⌒ソ
         ミ :!   `ヾ爻':メ/ i       /   {:.:.:.ゝ.
         、!   ′ーy' ノ     ./    ゝ.:.:.:.:`ヽ
         ゝ.  i    イ      ∧        `ヾ:.:ハ
          } \    /      ./ fミx       }:.:.:}
          i    ヽ  .′    /   メ 人      ノ:.:.:′
            .l    iヾ′    /  イ 彡イ^≧x:く:.:.:/
             !     !ノ      .ん     /::::::::::::::::::`ヾ
            l   :i  ∠ __ ノ__./::::::, '::::::::::::::::::ハ   .          __ __¨ ./
           i   /       ノ:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i              _)  _) \

710 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:25:10.80 ID:p0BVyJQo
乙だぜ、雷電!

712 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:25:51.42 ID:wKmflm60
>>709
サービス乙です!(感涙

711 :やる夫で学ぶ柳生一族(その42) [saga]:2010/12/05(日) 23:25:37.44 ID:nH3Avt.0
 どもども、本日も遅くまでお付き合いくださり、ありがとうございました&お疲れ様でした>ALL
久々に十兵衛主役の話ができて、タイトル(”やる夫で”学ぶ柳生一族)に合ったものになりました喃。
しかも、その42は来週も続くので、2週連続で十兵衛主役という珍しい状況に。
ふむん。

 今回の話は、一気に今日で全部終わらせてしまおうかとも思ったのですが、
若干長くなりそうだったので分割でアリマス。
後編で十兵衛初の伝書についてを中心に、あれこれの話になるかと。
よろしゅうですー。

713 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:25:53.37 ID:nZFjvuk0
乙でした
何か随分楽天的なのが気になるな~と思いつつ
続きを楽しみにしてます

714 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:27:24.61 ID:fGtxH0so
おつー。

>2週連続で十兵衛主役という珍しい状況
・・・ママン、視界が揺らいでモニタが見えないよ、ママン・・・

716 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:30:10.50 ID:jrLL4aIo
乙!
2週連続という事はそれ以降はまた降板?
今度は何をやらかすんだろうw
しかし、柳生はいったい、いくつあるんだww

718 :以下、三日目金曜東Rブロック59Aがお送りします [sage]:2010/12/05(日) 23:31:36.41 ID:22BqOXk0
乙です。
十兵衛荒っぽい面が目立つけれど、人に教える(読ませる)才能はどんなんかな~。



続きはこちら

3 件のコメント:

  1. 「魔法柳生の生き様は 色なし 恋なし 情けあり」
    おいよせ。やめろばか。やめるんだ・・・っ!

    返信削除
  2. 独身だからといって性体験がないという訳ではないんだがw
    当時の結婚は家同士の契約という側面が強く、男側が愛人を作っている事が多かったし、この手の道場だと先輩が後輩に玄人女をあてがって卒業させるなんて事はざらにあった。

    更に実家が大名や旗本になると、嫁との初夜でパニクらないように元服を済ませた息子に性体験をさせる事が多かった。吉原が江戸に出来たのも、大名家の嫡男を優しく脱童貞させて、女性アレルギーを起こさないようにするのも目的だったという説もある。

    結論として、実際に魔法使いはいただろうが、そうじゃないエセ魔法使いも相当いたって事だな。

    返信削除

  3. まあ、少なくともスレ主はそれは承知の上で書いてると思うよ。

    見物人の中にはわかってないのもいるかもしれないけど、流石に少数派……だと思いたいw

    返信削除